t-onとは、クラウドゲームスが運営するコンテンツの
最新情報やオトクな情報を配信するポータルサイトです。

サイト規約

はじめに

この規約(以下「本規約」という)は、クラウドゲームス株式会社およびクラウドゲート株式会社(以下「当グループ」が提供するt-on(ティオン)のコンテンツサービスの利用に関する条件を定めるものであります。
t-on(ティオン)のコンテンツサービスをご利用される方は、必ず本規約をご確認ください。
t-onのコンテンツサービスを利用する方(以後「利用者」とという)には、本規約に則ってt-onコンテンツのサービス(以下「本サービス」という)をご利用いただきます。本サービスを利用した場合は、本規約の内容を承諾いただいたものとみなします。
本規約の内容は、当グループというが必要と判断した場合、利用者に連絡することなく、その内容を追加、変更、削除することがあります。t-onコンテンツを利用する際は、常に最新の規約をご参照ください。
本サービスにおいて個別利用規約がある場合、利用者は、本規約の他に個別利用規約の定めにも従って本サービスを利用しなければなりません。

提供するサービス

当グループでは、t-onを通して、様々なコンテンツサービスを提供しておりますが、当グループが必要と判断した場合、利用者に事前の連絡をすることなく、コンテンツの追加、変更、停止または中止する場合があるものとします。
変更後の本規約および個別利用規約は、当グループが運営するウェブサイト内の適宜の場所に提示された時点で効力が生じるものとし、利用者は本規約および個別利用規約の変更後も本サービスを使い続けることにより、変更後の本規約および個別利用規約に対する有効な同意をしたものとみなされます。
t-onのコンテンツの追加、変更、停止または中止した場合において、当グループおよび当グループからそれらの行使を許諾されている者は、利用者に対して一切責任を負わないものとします。
当グループは、利用者に、t-onコンテンツにアクセスすることを許諾しておりますが、サービスの内容や、確実な提供、アクセス結果などについて一切保証しておりません。
また、サービスへ接続するための機材、通信手段、プロバイダー契約等は、利用者個人でご用意、またはご契約されるものであり、当グループが、それら、機材、通信手段の調達や、プロバイダー等との契約に関与することはありません。

利用者の禁止事項と責任

t-onでは、利用者に下記の行為を故意、過失を問わず禁止しております。
利用者が本規約を違反したことによって生じた、または関連して生じたすべてのトラブルや請求、紛争については、利用者の責任と費用で解決するものとします。
また、当該トラブルによって当グループに費用(当グループが支払った弁護士費を含む)が発生した場合、または賠償金等の支払いを行った場合については、当該利用者が当該費用および賠償金等を負担するものとします。
  • 法令違反
    日本国内法、および国際法において禁止されているあらゆる行為を禁止いたします。
  • 他人に迷惑をかける行為
    他人に経済的損害を与える行為、他人に精神的損害を与える行為、他人の名誉を毀損する行為、他人のプライバシーを侵害する行為、他人の権利を侵害する行為、他人をストーキングする行為を禁止いたします。
  • 倫理的、道徳的に問題のある行為
    猥褻・猥雑な行為、品性を欠く行為、罵詈雑言に類する行為、嫌悪感を与える行為、民族的・人種的差別につながる行為を禁止いたします。
  • 詐称行為
    自分以外の人物を名乗ったり、架空の組織を名乗ったり、代表権や代理権がない状態で会社や組織を名乗ったり等、あらゆる詐称行為を禁止いたします。 また、ユーザー登録において、偽の氏名、偽のアドレス等、本人を偽る行為を禁止いたします。
  • 青少年の保護育成を害する行為
    青少年の保護育成を害する行為や、過保護によって青少年の正常な育成を害する行為を禁止いたします。
  • 情報やデータの偽装
    t-onから配信されたメールや情報に手を加え偽装することを禁止いたします。
  • ハッキングおよびクラッキング行為
    t-on用サーバーや利用者のコンピューター、および、それらの通信機器やブラウジング機能を妨害、破壊、混乱、制御、制限するハッキング、および、クラッキング行為、または、コンピューターウィルスの送信(発信)行為を禁止いたします。
  • サービスの転売、転用禁止
    t-onのサービスによって得た成果物(情報、データ、知識等その種類を問わない)を、商業目的で利用(再利用、複写、販売、翻訳、翻案、公開、頒布、貸与、改竄、譲渡等利用の形態を問わない)することを禁止いたします。

当グループの権利

  • 削除権
    当グループでは、利用者がサービスを利用する上でt-onサーバーに対して送信し掲載した情報、画像データおよび音声データ等(以後「掲載データ」とという)をあらかじめ検閲し、掲載データを確認しております。
    当グループが必要と判断した場合には、適法性の有無にかかわらず、その掲載データを削除、または、掲載場所の変更をできるものとします。
    当グループは、サービス内容の変更、メンテナンス、規約違反者の対処等の理由により、利用者から送信されたt-onサーバー内に保存されている掲載データの一部または全部を、削除することができるものとします。
    当グループは、一定期間にわたって使用されなかったIDや、規約違反を行った者のIDを削除することができるものとします。
    これらの当グループによる削除権には、本規約や各サービス規約に違反する情報や、当グループが問題があると判断した情報を削除する権利も含まれます。
  • 情報開示権
    法令による要請、法的手続き上の必要、法的権利者からの権利侵害についての問い合わせに対処する場合の必要、t-onおよび利用者の財産・権利・生命の保護や、公益を守るための必要等、当グループが必要であると判断した場合は、掲載データをt-on運営に直接かかわらない目的で保存し、または開示することができるものとします。
  • t-onに送信した掲載データについて
    利用者は、掲載データの権利について下記内容に同意するものとします。
    掲載データを、不特定多数の他の利用者が閲覧できるサービスに送信した場合、利用者は当グループに対して自動的に、その掲載データを、無償で非独占的に使用できる権利(公開・複製・送信・頒布・譲渡・貸与・翻訳・翻案・サブライセンス権)に承諾したものとします。また、利用者は著作者人格権を行使しないものとします。
  • t-onの財産権
    利用者がサービスを利用する上でt-onサーバーに対して送信し掲載した情報や画像データ・音声データ等を除き、本サービスに含まれている情報、およびデータの財産権は、当グループおよびt-onに対してそれら情報やデータを提供している提携先に帰属しています。
    サーバーおよび、t-onのサービスに関連して使用されているすべてのソフトウェアの財産権は、当グループおよびt-onに対してそれらソフトウェアを提供している提携先に帰属しています。
    本サービスまたは当グループの広告に掲載、提供されている情報やデータは、著作権法、商標法、意匠法等により保護されています。
    利用者は、当グループ、当グループの提携先に事前の文書による承諾を受けた場合を除き、本サービスもしくはソフトウェア、またはそれらに含まれる内容(一部あるいは全部を問いません)を複製、再利用、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、転載しないことに同意するものとします。
  • 委託権
  • 当グループは、t-onのサービスの一部の管理を第三者に委託することができるものとします。
  • 広告主との取り引き
  • サービス中に掲示される広告宣伝の内、当グループ以外の企業によって出稿されたものがあります。
    当グループ以外の宣伝広告に関する取引は、すべて、利用者と当該広告主の責任と費用によって行ってください。また、トラブル等が発生した場合でも、当グループは、利用者と広告主のトラブルに関与することも、責任を負うことも一切ありません。

t-onからのリンク

本サービス中には、他のウェブサイトもしくはリソースへのリンクがあります。それらのサイトもしくはリソースは、必ずしも当グループが管理しているものとは限りません。当グループが管理していないサイトもしくはリソースでの利用者に生じた損害につきましては、当グループは一切の責任を負いません。

通知または連絡
ユーザー登録されている利用者へ、通知または連絡が必要であると当グループが判断した場合、当該利用者に対して、事前に了解をとることなく、メールまたは郵便等を用いて連絡を行うことがあります。
利用者が、当グループに対し連絡が必要であると判断した場合は、t-on各ページ「サポート」に記載された連絡手段(メールやメールフォーム)を使って連絡するものとし、電話、来訪によるご連絡はお受けいたしかねます。

著作権について
当グループでは、第三者の知的財産権を尊重しております。利用者のみなさまにも同様に第三者の知的財産権を尊重する努力をしていただくものとします。
もし、ご自身の著作権が侵害されたと判断された場合は、当グループへと次の情報をご連絡ください。
  • 連絡者の氏名、住所、電話番号、メールアドレス
  • 著作権者の氏名、住所、電話番号、メールアドレス
  • 連絡者と著作権者が別人である場合、著作権者を代理する法律上の権限を持つことの根拠についての説明
  • 該当著作物についての説明
  • 問題となっている著作物の名称および掲載されている場所
  • 問題となっている著作物が、著作権者に無断で使用されていると判断された法律的な根拠についての説明
    但し、上記についての情報を連絡されたことに対して、当グループが何らかの対処を必ず行うことを保証することはありません。

t-onユーザー登録

t-onのサービスには、ゲスト(t-onユーザー登録を行っていない利用者)でも利用できるものと、t-onユーザー登録を行った利用者(以後、「t-onユーザー」という)のみが利用できるものに大別されます。t-onのサービスを便利に制限なく利用するためには、t-onユーザー登録をお勧めいたします。
t-onユーザーとは、t-onのサービスを利用するためにユーザー登録を申し込み、当グループがユーザー登録を認めIDを貸与した個人のことを言います。
ユーザー登録において、自分以外の人物を名乗ったり、架空の組織を名乗ったり、代表権や代理権がない状態で会社や組織を名乗ったり等、あらゆる詐称行為を禁止いたします。また、ユーザー登録において、偽の氏名、偽のアドレス等、本人を偽る行為を禁止いたします。
t-onでは、同一人物の二重登録を認めておりません。もし、そのようなことが発覚した場合は、すべての登録を抹消するものとします。
t-onユーザーはユーザー資格を第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買、質入または相続をさせることはできないものとします。

t-onユーザーのID・パスワード管理

t-onユーザー登録時には、利用者自らがIDやパスワードを設定します。
t-onユーザー用のIDならびにパスワードの管理はユーザーのみなさまの責任において行っていただきます。IDならびにパスワードを利用して行われた行為の責任は当該IDを保有しているユーザーの責任とみなします。
万一、許可なく自分のIDが利用された場合、またはIDならびにパスワードが第三者に漏洩してしまった場合にはただちに当グループにご連絡ください。
また、サービスのご利用を一時的に終了される際には、その都度ログアウトをしてください。当グループはIDならびにパスワードの漏洩、不正使用などから生じた損害については補償いたしませんのでご注意ください。
t-onIDの削除は「退会手続き」より行うことが出来ます。
一度、お客様がt-onを退会された場合でも、一ヶ月以内であれば復帰することができます。
復帰をご希望の場合は一定の手続きを持って復帰することが可能ですので、ご希望される方はt-onお問い合わせフォームよりご連絡ください。
尚、一ヶ月を過ぎた場合は復帰手続きについて受け付けられませんのでご理解い
ただきますようお願いいたします。

t-onユーザー登録の取消と一時停止

t-onユーザーが次の各号のいずれかの事由に該当する場合、当グループは、事前に何ら通知又は催告することなしに当該ユーザーの登録を取り消し、又は一定の催告期間を設けてユーザー登録を一時停止することができるものとします。
  • t-onの運営を妨害した場合
  • t-on内のデータの不正な変更及び削除を行った場合
  • t-on内で不法行為を行った場合
  • 本規約及び各種サービスの規約に違反した場合
  • 当グループの名誉を著しく毀損した場合
  • 他のユーザーへ著しい迷惑をかけた場合
  • 電気通信法及び郵政郵便法を不正に利用したり、法の網の目を潜る行為を行なった場合

個人情報保護について

別項「個人情報について」および「プライバシーポリシー」をご参照ください。

免責事項

利用者がt-onのサービスを媒体として、他人に与えたすべての影響について、当グループは、一切の責任を負わないものとし、利用者ご自身が責任を負うものとします。
利用者がt-onのサービスを媒体として、掲載、または投稿した情報、および、データ等について、当グループは、その内容の信頼性、真実性、適法性を保証しません。
利用者同士、または、利用者と法定権利者の間で起こったトラブルについては、当事者同士の責任と、費用負担によってその解決がなされるものとし、当グループがそのトラブルに責任と費用負担を負うことはありません。
当グループは、「本サービスが利用者に満足を与えること」「本サービスの提供が不具合やエラーなく、障害を生じさせないこと」「本サービスから得られる情報が真実であること」「本サービスを利用した結果手に入った商品、情報などが利用者に満足を与えること」について一切保証しておりません。
利用者は、本サービスを利用したことによって発生した一切の損害について、t-onが賠償責任を負わないことに同意します。

準拠法・管轄裁判所

本規約は日本語を正文とし、その準拠法は日本法とします。また、本サービスまたは本規約に関連して当グループとお客様の間で生じた紛争については東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
page top