【OMC】バレンタインサプライズピックアップ 【OMC】バレンタインサプライズ開催中 OMCリニューアルのお知らせ

▼作品詳細検索▼  →クリエイター検索


『思案、笑顔、未来。 』
千獣3087)&エディオンNPC0197

 月明かりの中、千獣は木の枝に腰掛けていた。
 聖都近郊の森は、町の喧騒から程遠い。夜になったばかりの町は、おそらく今日もたくさんの人が往来していることだろう。
 少し離れた森には、人の影一つない。どこかでフクロウが鳴いていたり、虫が囁いていたりするくらいで、音という音も殆どない。
(エディオン、笑って、た)
 石屋エスコオドの方を見、エディオンの笑みを思い返す。まだエスコオドには明かりが灯っている。店の片付けや翌日の準備などでもしているのだろうか。それとも、気楽に本でも読んでいるのか。
 こうして離れた場所からエスコオドを見ると、昼間、エディオンと話をしたことが、はるか昔の事のようにも感じられる。
「人間」
 ぽつり、と千獣は呟く。
 人は、自分を当たり前のように、そう呼ぶ。
 だが、千獣には人間が分からない。似通ったところはあれど、ただの一人も同じ人間はいない。
 全く同じ「人間」という存在は、いないのだ。
「色んな……人間」
 たくさんの人間を見た。
 触れ合い、語り、共に戦った。
 争い、慕い、憎んだ。
 獣と魔物の森で生き抜いて、獣として魔物として、彼らを喰らっていた頃には、こんなことを考えることもなかったというのに。
(簡単、だった、な)
 人間、と一括りにしてしまえばよかった。喰うか喰われるかだけを考えればよかった。
 個体として扱う必要がまずなく、群体として扱えばよかったからだ。
 だが、どうだろう。
 接すれば接するほど、人間という存在が一括りにはできない物なのだと分かってきた。
 それぞれに意思があり、感情があり、確固たる願いがあった。優しい人がいれば、厳しい人がいた。すぐに諦める人がいれば、決して諦めない人がいた。
 それらを一括りに「人間」と囲ってしまうのは、あまりにも勿体なかった。
 外見も、中身も、皆それぞれが違う。それでよいのだと認め合い、笑いあっていた。

――人間とは何か。

 そんな事を、考えることもなかったというのに。
 触れれば触れるほど、確かめようとすればするほど、考えようとすればするほど、分からなくなってゆく。

『考え込んでいること自体が、そもそも人間らしい行動だと思う』

 はっと、千獣は以前言われた言葉を思い出す。
 今自分がしているのは、まさに「考え込む」という行為だ。
「……あれ」
 ぷっと、千獣は噴き出す。
 なんだか、可笑しくなった。
 分からなくて悩んで考えて。でも、それ自体が「人間」だったんだ、と。
 気付いたら笑いは止まらず、千獣は思う存分笑うことにした。
「なん、だ。なん、だ……!」
 妙な納得感が、体中を吹き抜ける。簡単なことだったのだ。そこは、昔も今も変わらない。
 気づけば、簡単なことだったのだ……!



 千獣は、一頻り笑ったのち、一息つく。
「それでも、やっぱり……人間、は、分から、ない」
 喰うか喰われるかも、人間。
 考え込んでしまうのも、人間。
 触れれば触れるだけ分からなくなるのも、人間。
 こうやって少し考えるだけでも「人間」というものが、いかに不可解なものであるかが分かる。
 分からないことが、分かるというのも、やっぱりおかしいとは思うけれども。
「もっと……知りたい」
 千獣は呟き、ちらり、と今一度エスコオドの方を見る。
 巨木のように、ただあるだけの存在なのだ、と暗に言っていたエディオン。人と積極的に関わらず、影響を与えないようにとしていた、と。
 それでも、エディオンは千獣の背を押してくれた。礼を言う千獣に、逆に礼を返してくれた。
「あの人、みたいに……」
 千獣は、思う。
 エディオンみたいに、穏やかに見守ることはできないだろう。時にはぶつかったり、争ったり、憎しみ合ったりもするだろう。
 それでも、千獣は思うのだ。
「これから、も……人間、を、見続け……たい」
 きゅ、と手を握り締める。ごつごつとした木の枝は、千獣の掌に無骨ながらも優しく触れているかのようだ。
 空を見上げれば、星と月が輝いていた。きらきらと静かに光るそれらは、千獣に優しく降り注ぐ。
(昔、見た、夜空、と……変わら、ない)
 目を閉じ、月と星の光を精一杯受け止める。
 静かな夜が、千獣の心をも静かに静かに包み込むかのようであった。


<夜は静かに更けてゆく・了>
PCシチュエーションノベル(シングル) この商品を注文する
霜月玲守 クリエイターズルームへ
聖獣界ソーン
2016年04月25日

投票はログイン後にできます。

ログインはこちら







OMCリニューアルのお知らせ





©Crowd Games Co.,Ltd All Rights Reserved.