▼作品詳細検索▼  →クリエイター検索


『boy meets light 』
フレデリク・リンドバーグka2490

●商家の日常

 賢者の石、あります――店主の名も、店の名もないかわり。闇夜を照らす月の光のような、光る文字で謳い文句が踊る。どこか洒落た看板をくぐれば、そこはもう兄の店、モーリスの城とも呼べる月明堂だ。
 やわらかな緑の髪がふわりとなびく。鮮やかな桃色がくるりくるり。甘い香りを漂わせながら、フレデリク・リンドバーグ(ka2490)は奥へと進んでいく。
 慣れた場所。けれど、時々足は止まる。不規則に並んだ魔術具を覗きこんでみたり、吊るされた花の香りを嗅いでみたり。
(また新しいものが増えてる)
 だから飽きない、面白い……つい、足が向いてしまう。
「いらっしゃい。お守り、薬草、占い……そう、例えば俺との相性占いなんていかがかな」
 客の気配を感じ取った店主が奥から顔を出してくる。
 すぐフレデリクに気付いたようで、ビジネスライクな、否、好色な笑顔はなりを潜めた。
「なんだ、お前か、フレデリク」
 てっきり可愛い女の子だと思ったんだが。肩をすくめる兄を見上げて、首をかしげる。所作も、顔だちも、まだ幼い体躯も。フレデリクを少女だと間違える者は少なくない。現にモーリスは小柄さを感じさせる足音と、店の奥に戸惑うように踏み入る気配から、来客が女性だと思って先ほどの台詞になったのだ。
「俺じゃ不満? ならこの差し入れは一人で……」
 フレデリクの手には来る途中、すぐ近くの店で買った氷菓子が二つ。少し動かすだけでも、シロップの甘い香りが広がる。
「いいや、歓迎だぞ可愛い弟君」
 溶けてしまう前に食べるのを手伝ってやろう。手のひらを返す兄にくすりと笑って、フレデリクはいつもの定位置へと向かった。

「兄さん、調子はどう?」
 応接用のテーブルを囲んで。シャクシャクと氷を掬う音の合間に世間話が滑りこむ。
「見てのとおりだろ」
 商売あがったりだ、とわざとらしく肩をすくめる兄に、そうじゃないよと首を振る。確かにこの店には今、自分達兄弟2人しかいない。
(客が来やすい時間帯は避けてるというのも、あるけど)
 家を出て独立した兄の足を引っ張るのはフレデリクだって避けたいところ。商売で生計を立ててきた家で育っているのだ。末っ子で、実家暮らしのフレデリクの中にも商人の心得は生きている。
 そうでなくても。兄が一人でそれなりの大きさの店を構えていられる理由は、違うところにあるのは明白である。
「ハンター業の方だよ」
 兄は魔法の店を営んでいるけれど、収入の観点で言えば本業はハンターだ。他に従業員も居ないこの店には定休日なんてものはなく、不定期営業という大雑把さ。客足はゼロではないというのも知っているが。
「書棚の上にあったやつ。あれも仕事先で見つけたんだよね。前はなかったし」
 その時の仕事の話をしてほしい、というお願いだ。新しいものが増えるということは、兄がハンターの仕事をしてきた証拠でもある。それがわかる度に、フレデリクはこうして話を強請るのが彼ら兄弟の日常なのだ。

●将来の憧れ

 ハンターズソサエティに所属し、仕事の仲介を受けることで生計を立てる、いわゆる便利屋。
 先祖達が選び取った、森からの退出。家を構え店を構え、毎日様々な商品を世の中に送り出していく仕事が嫌いなわけではない。仕入れについていって新しい品物を見れば興味は引かれるし、値段交渉の場は落ち着かないと同時に負けてなるものかと、どれだけ利を勝ち取るか、その駆け引きに熱も高まる。
 けれど、だ。
 商家の子として相応しいかはともかく、相応の気質は備えている自覚がある。学業の成績も悪くない。このまま家の手伝いをして、仕事を更に覚えて。そのうちのれんわけなり、兄のように自分の力で店を構えたり……そう、大きな挫折をする将来が見えるなんてこともなく。充実した人生は送れるだろうと思う。
(でも、それだけかもしれない)
 それはそれで、幸せな人生だ。わかっている。けれど、物足りないと感じてしまうのだ。
(分の悪い賭けはしない主義なんだけど)
 職業を蔑視したいわけではないけれど。勝負師のように、自分にとって割りのよくない仕事に就く気はない。先の読めない運に賭けるほど、自分の人生を軽く見積もるつもりはないし。人並みに……堅実にいたいところだ。
 ただ。
 堅実過ぎるのも……
(面白くない、ね)
 店を構え、毎日のように同じ仕事をルーチンすることも、嫌いではない。それはそれで、作業効率を求めたり、小さな変化に気付けるようになったり。何かをじっくり掘り下げて、自分の中に達成感を積み上げていくことに充実感だって覚えるはずだ。
 そこまで自分をわかっていても、それでも。

「……俺もハンターになってみようかな」
 楽しそうだし。そう呟けば、兄が菓子を食べる音が止まった。どう思っただろうか。
(自分のことだから)
 口にした時点で、決意表明のものだと思っている。そうだ、自分はずっとハンターになりたかったのかもしれない。
 モーリスがハンターになってからだっただろうか。それとも、仕事で出会うハンターと話をしてからだっただろうか。明確なきっかけは覚えていないけれど、気付けば、今日のように。彼らの話や、彼らが持ち込んでくる品物に、熱のこもった視線を向けることが多くなっていたように思う。
「へえ、いいんじゃないか」
「精霊との契約はまだしてないんだけど……」
 兄の答えは至極あっさり。自分にも出来ているのだから、弟にもできるだろう。身内の贔屓目でも何でもなく、あっけらかんと。事実だけを切り取ったような。
「そりゃ覚醒者の方が有利だぞ」
 クラスは考えているのかと、再びの助言。そんな彼は魔術の店を構えているとおり、魔術師だ。
「うーん、それが、まだなんだよね? 向き不向きってあるのかな?」
 時間があって、先輩がいる。話を聞かない選択肢なんて、ある筈がなかった。

●見据える道

 覚醒者になるだけなら、多分簡単な事。エルフはもともとマテリアルの存在に敏感で、扱いにも長けていることが多いのだ。
 ハンターになりたいのは、彼等の冒険と呼ぶべき語り草にとても興味を引かれたから。彼等のように、自分も、誰かに語れるほどじゃなくてもいい。物語に入り込むように文字を追って、彼らの言葉を追いかけて体験した気分になるだけでは足りないのだ。『これが自分の、自分だけの体験』と呼べるような何かを見つけたい。
「兄さん、あの機械売れたんだ?」
 ハンターになると決めはしたものの、クラスに悩み始めて空はそれなりの時間たたっている。差し入れの焼き菓子をほおばりながら、なんの話だとモーリスが首を傾げた。
「ほら、前に来た時にあった、モーターとかいう奴」
「あー……」
 見慣れないお仕着せの奴が来て買っていったのだと、食べながらの言葉に一度眉を下げる。けれど。
「それって、まさか例の」
 会ったの!? 飛びかかるように兄へと声を上げる。大きな機械の船が現れたというのは、今、クリムゾンウエスト中を賑やかせている一大事件である。見慣れない服を着ているとの話もちらほら聞いているし、内部にお大勢の人が暮らしているという事も。けれど、まだ。その人々と接触できるものは限られているという噂だったはずだ。一般人の身ではまだ、身近には感じられない事件のはずで。
 実際、フレデリクもまだ船の――サルヴァトーレ・ロッソの――外観を遠めにしか見たことがない。
「どうなんだろうな」
 金になるから売ったまで。客に対して興味が薄いようすを見るに、相手は男性だったのだろう。これでは興味深い話にもならなさそうだ……わずかに肩が下がる。
(目を惹かれたんだよね)
 時々だが、フレデリクが遊びに来ているときでも客が来ることがある。そう言った客が求めているのは魔術ではなく、モーリスがハンター業のついでに入手した変わった品、所謂掘り出し物を手に取っていく。
『どんなところに商機があるかわからない』そんなリンドバーグ家共通の意識の賜物だ。普通ならばショップで換金してしまうようなものも、兄は自分の店に一定期間置いておく。それでも売れなければショップで改めて売り飛ばすのだ。
 そんな売買現場に居合わせることで、彼ら兄弟はその品の本来の用途が何で、これからどんな風に使われるのかを知ることができる。特にフレデリクは、冒険の土産話よりもそんな、新しい何かの正体を知る話が好きだった。
 そして、それは大体において、機械であることが多い。
「そうか」
 すとん、と。腑に落ちた。その現場に居合わせたかった。可能なら時間を巻き戻してでもその話を聞きたかった。そう強く思うのは、確かに今の世情も影響しているかもしれないけれど。
 自分の道を探していたタイミングもあったかもしれないけれど。
「俺、ああいうのやりたいんだ……」
 人から聞くだけでは物足りない。自分でも扱いたい。機導師なら、ハンターなら。今足りないものを補える筈だ。

「……決まったか」
 弟の瞳に宿る決意の光を、モーリスも察する。頬張る手を止めて、咀嚼していたものを飲み込んで。
「お願いがあるんだけど」
 フレデリクも既に改まっている。兄は魔術師だけれど。同じように話を聞いて目を輝かせる同志のようなものだ。門外漢の知識であっても、ノートに纏めて居るのをしっている。この店の奥の本棚には、他のクラスの入門書もいくつか並んでいることも。
「どうしようもない時は協力してもらってもいいかな」
 今までは手遊び、暇つぶし程度にしかめくっていなかったそれらを、貸して貰おうと思う。最初から理解することは難しいから、兄に何度も助けてもらうことになるだろう。自分は商売人の子だ。誰かの教えを求めるだけでは何も得られない。家の手伝いを増やして、手が空けばこの店の店番も引き受けたりもしよう。幸い自分達はエルフだから、時間は足りないという事はないはずだ。
 歪虚の脅威を考えれば、それで間に合うかという一抹の懸念はあるけれど。兄が出来たことを、専門は違っても、自分が出来ないことはないはずだ。
「お祝いに、知り合い、紹介してやるよ」
「!? ……いいの?」
 兄の方が顔が広いに決まっている。そこまでしてもらえるとは思っていなかった。でも。家族だからこそ、甘えても大丈夫な境界線はわかっている。差し伸べられた手を跳ね除ける理由なんてなかった。専門の師を得られるなら、時間的な問題は解決するのだから。
「それじゃあ、兄さんには出世払いにさせてもらおうかな」
「活躍してくれるなら、ついでにうちの商品増強に協力してくれるならいいぜ?」
 フレデリクの目がきらりと光る。気付いた兄が、悪戯めいた顔になった。兄弟で、よく似た表情が向かい合う。
「この店の知名度も目いっぱい高くなると思うよ」
「うん?」
 思わせぶりな言葉に、思わせぶりな視線がかえる。わざとらしく、息を吸う。満面の笑顔で返すのは。
「魔術師と機導師が手を組んだら」
 ちらりと、扉の外に視線を向ける。光る文字が、日差しを浴びて輝いたような。
「入荷待ちなんて説明、いつか、しなくて済むようになるんだよ!」

━ORDERMADECOM・EVENT・DATA━━━━━━━━━━━━━━━━━…・・

登┃場┃人┃物┃一┃覧┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
【ka2490/フレデリク・リンドバーグ/男/16歳/機導師/その一歩の前に】
【NPC/モーリス・リンドバーグ/男/??歳/魔術師/月明堂の不定期店主】
■イベントシチュエーションノベル■ -
石田まきば クリエイターズルームへ
ファナティックブラッド
2016年09月16日

投票はログイン後にできます。

ログインはこちら












©Crowd Gate Co.,Ltd All Rights Reserved.