夏イベント「朱夏の奏」 ザッシィピックアップ

▼作品詳細検索▼  →クリエイター検索


『婚礼衣装は依頼帰りに 』
氷雨 柊ka6302)&クラン・クィールスka6605

 日頃あまり表情を変えないクラン・クィールス(ka6605)だが、今は眉根をわずかに寄せ、後方を振り返っていた。
 長物を抱え少し遅れてやってくる氷雨 柊(ka6302)は、彼の小さな表情の変化に気付き微笑む。

「大丈夫ですよぅ」
「……そうか?」


 ふたりは今しがた雑魔討伐の依頼を終えたばかりだった。
 心配性のきらいがあるクランは、以前から傭兵などをしていて戦闘に慣れた自分とは違い、経験の浅い柊を気にかけているのだ。

「持とうか?」

 思わず差し出しかけた手を慌てて引っ込める。
 傭兵になるよりも前――自身の経歴に思う所があるクランは、相手の手に触れることを密かに恐れていた。
 けれど柊は気付かなかったようで、

「お待たせしましたぁ」

 追いついてくるとクランにぴとっと肩を寄せた。
 身長差があるとはいえ、吐息がかかりそうな距離で紫紺の瞳が見つめている。

「ち、近い」
「はいー?」
「その……距離が」
「はい、やっと追いつけましたよぅ」
(そうじゃない)

 クランは男女の距離感について諭そうか悩んだが、無邪気さは彼女の良い所でもある。
 何より、説明してもきょとんとされそうな気がしなくもない。
 そろそろ人の多い通りに入る。年頃の柊にあらぬ噂が立っては……と、足早に歩き始めた。

「ああ、待ってくださいよぅ」

 スタスタ歩けば、ぽてぽてと足音がついてくる。
 その足音が離れすぎないよう注意しながら、クランは前だけを見て歩を進めた。


 ところが。
 ほどなくして柊の足音が止んだ。
 慌てて振り返ると、一軒の店の前で足を止め、ショーウィンドウに釘付けになっている柊の姿が。

「どうした?」

 尋ねても、余程夢中になっているらしい柊は気付かない。
 仕方なしに引き返し、店の窓を覗き込んで「あぁ」と納得。
 硝子の向こうでは、純白のウェディングドレスを纏ったマネキンが、ブーケを手に微笑んでいた。

 近年、ここクリムゾンウェストにも挙式の文化が広まりつつある。
 地域によって差はあれど、おおよそ上流階級のみで行われていたのだが、リアルブルーの影響もあってか庶民にも浸透してきた。
 この店は挙式用の衣装や小物を販売・貸出する、いわゆるブライダルサロンらしかった。

「綺麗ですねぇ♪」

 柊は硝子に額をくっつけんばかりにして、じぃっとドレスに見入っている。
 クランは扉の貼り紙に気付いた。

「へぇ……試着もできるのか。興味があるなら、してみたらどうだ?」
「はにゃっ!?」

 ようやくクランの存在に気付いた柊、飛び上がって驚く。

「いえ、でもぉ……クィールスさんをお待たせしてしまうわけにはー……」

 そう言いながらも、柊の視線はクランとショーウィンドウを行ったり来たり。
 すると店の扉が開き、ふくふくと丸っこい中年の女性店員が出てきた。

「まあまあ、可愛らしいお嬢様! ドレスに興味がおあり?」
「とっても素敵ですねぇ」
「ならどうぞご試着だけでも!」
 店員は目にも止まらぬ動きで柊の背後に回り込むと、入口へぐいぐい押しやる。
「あ、あのぉ、」
「遠慮なさらずに! 貴方も中で冷たいお茶でも如何?」
 柊を扉の中に押し込みながら、店員はクランへにっこり笑いかける。
 有無を言わさぬ店員の勢いに苦笑いして、クランも扉を潜った。




「うわぁ、素敵なドレスがいっぱいですねぇ!」
 中へ通された柊は、壁一面に掛けられたドレスにほぅっと吐息を零す。
 シルクやレースがふんだんに使われたドレスは、どれも女性の美しさを引き立たせるための工夫が凝らされている。
 感嘆する柊を、店内にいた女性店員達が取り囲んだ。

「お嬢様には淡い色味のものがお似合いになるかと」
「今はカラードレスが流行りですよ」

 口々に言いながら次々にドレスを取り、柊の身体へあてがっていく。
 鏡の中でくるくる色を変える自分の姿に、柊は目を白黒。
 もうちょっとゆっくり見せてもらえないかしらー、なんて思っていたり。

「やっぱり白かしら、きっと銀の御髪に映えますよ。ねぇ?」

 純白のドレスを手にした店員が、隅でお茶を啜っていたクランを振り返る。
 クランの反応がちょっぴり気になった柊も、ちらり。
 けれどクランは、何故俺に訊くんだと問いたげに首を捻っただけだった。
 へにょっと眉を下げかけた柊だったが、

「どれになさいます?」

 店員の声で我に返る。

(あらぁ? 今私、どうしてしょんぼりしかけたのかしらー……?)

 小首を傾げ、胸にそっと手を当ててみる。
 けれど心は何も答えてくれない。

 気を取り直し、店員達が勧めてくれたドレスを見回してみた。
 どれも素敵で、どれも綺麗で、とても心惹かれるけれど、一着に決めるのは難しい。
 どうにも『これ!』というものがないのだ。

(どれも本当に素敵なんですけどー……)

 困り果てて宙てた柊の視界に、最奥に掛けられている一着の衣装が飛び込んできた。

「あれはぁ、」

 柊の指さす先を見て、最初に会った恰幅の良い店員が頷いた。どうやら店長だったらしい。

「珍しいでしょう? 東方風の婚礼衣装なんですよ」

 掛けられていたのは正絹仕立ての白無垢だった。店長はさっと奥から出してきて、柊の前に広げてくれる。

「綿帽子に角隠し、両方あるんですねぇ。ふふ、どちらも素敵ですー」
「あら、よくご存じで」

 確かにこの辺りでは珍しいかもしれないが、日頃着物を身に着けている柊にとっては白無垢の方が馴染み深い。
 それに。
 リアルブルーの日本出身の父から聞いたことがあったのだ。
 日本の伝統的な花嫁衣装がこういうものだと。
 ドレスの海で溺れかけていた柊、この白無垢が一目で気に入ってしまった。

「これを着てみたいのですがぁ」
「かしこまりましたっ! さあ皆さん、お仕度を!」

 食い気味に反応した店長、そして機敏すぎる店員達に攫われるように、柊は試着室へ。

「あっ、クィールスさんすみませんー、ちょっと待、」

 言い終える間もなく、ドアの向こうに消えていた。




(……予想以上の勢いだったな)

 ソファに座り、一連の出来事を目撃していたクラン。試着室の柊の無事を密かに祈っていたり。

「御髪も結いましょう」
「お化粧も是非っ」

 にぎにぎしい店員達の声が、ドアの向こうから絶えず漏れてくる。

(まるで嵐だ)

 思わずふるりと身震いした時。
 ぽん、と肩を叩かれた。
 ぎくりとして振り向くと、そこには――




 柊が選んだのは綿帽子だった。
 角隠しは色打掛でも付けられるけれど、綿帽子は白無垢にしか合わせられない。折角だからとそちらを選んだ。

 けれど選んだ後は、なすがままされるがまま。
 化粧の時に目を閉じるよう言われてから、柊はずっとそのままでいた。

「さあ、できましたよ」

 促され、そうっと目を開ける。
 付けまつげまで施されたせいか、少しだけ瞼が重い。


 一瞬遅れて見えたのは――白無垢を完璧に着こなした、ひとりの清楚な花嫁。


 それが姿見に映った自分だと気付くのに、たっぷり三秒はかかった。

「はにゃー……っ!」

 驚きに声を上げたきり、続く言葉が出てこない。
 店員達は柊の頬が上気していくのを見、満足げに頷き合っていた。


 一筋の乱れもなく結い上げられた髪。
 それを柔らかな輪郭で包む綿帽子。
 胸元には錦の袋に納まった懐剣が差してあり、携えた祝儀扇には房飾りが揺れる。
 唇へ控えめに差された紅が、上品な色香を醸していた。


「では戻りましょう。きっとお待ちかねですよ」

 転ばぬよう、店長がそっと手を取ってくれる。
 柊はもう夢見心地で、足許がふわふわ浮いているような気がした。

「あちらもお仕度できた頃でしょう」

 が、店長の一言ですとんっと着地。

「お仕度……?」

 何の? と尋ねる前に、店長はドアを開けた。



 すぐ外で待っていたのは、一目で高価と分かる上品な黒――紋付を羽織った広い背中。
 振り返った彼は、勿論クランだった。

「クィールスさん?」
「柊、これは……っ」

 慌てふためくクランを、店員が柊の隣へ促した。

「おふたり良くお似合いですこと!」
「はいー、クィールスさんとっても良くお似合いですよぅ♪」
(柊、多分その『お似合い』じゃない)

 心の内でつっこみ、クランはこっそりと柊に耳打ちする。

「その……どうやら、勘違いされてしまったみたいだ」
「勘違い?」

 柊、きょとん。

「だから、その」
「ああ、クィールスさんもお試着希望だと勘違いされてしまったんですねぇ」
「いや、そうじゃなく」
「えー?」

 柊、目をぱちくり。
 気付けばまたふたりの距離が近い。
 慌てて離れようとしたクランだったが、至近距離で見下ろしている内にふと気付いた。

(柊の瞳、こんなに鮮やかな紫だったか? ……全身白い衣装だからそう感じるのか。化粧の色味が抑えてあるのも、瞳の色を引き立てるためなんだろうな……)

 そんなことを考えている間、傍目には見つめ合うお熱いふたりに見えていて。

「お綺麗でしょう?」

 店長の声にハッとなった時には、勘違いは訂正しようがない程深まってしまっていた。
 返事を迫られたクランは観念し――それでも気恥ずかしさに、柊から視線を背けて――小さく頷く。

「……そう、だな」

 柊は嬉しそうに両手で頬を押さえる。

「クィールスさんとっても格好良いですよぅ♪」
「からかうなよ、和服は着慣れていないんだ」
「たまには着てはいかがですー? 着付け、教えてあげますよぅ?」

 そんなやりとりをしていると、カシャッという音と共に、ふたりを強い光が包んだ。




「ふふー♪」

 帰り道。
 柊は店で貰った記念品を眺めながら歩く。
 それは一枚の写真。婚礼衣装のふたりが並んで写っていた。

 クランはまだ決まりが悪そうにしていたが、あんまり嬉しそうな柊を前に何も言えず。
 ただ一言だけ口にした。

「それ、柊が持ってたらいい」
「良いんですかぁっ♪」

 内心、一枚しかないのでどうしようかと思っていた柊は、写真を大事に大事に胸に押し抱く。
 胸がじんわり温まるのに、どんどん鼓動が早くなる。

(……私、どうしてしまったのかしらー……?)

 考えれば考える程、息さえ苦しくなってくる。
 足を止めた柊をクランが振り向く。銀の髪が傾いた陽を浴び煌めいた。

「どうした?」

 先程と同じように、かすかに眉を寄せたクランの顔。柊の胸が甘く疼いた。

「……ありがとうございます、大切にしますねぇ♪」

 写真で顔を隠し、ぽてぽてと歩き出す。
 クランはまたスタスタと先に行ってしまうけれど、ふたりの距離は決してそれ以上開かない。
 安堵と切なさがない交ぜになった息をつき、柊は不愛想で優しい背中を追いかけた。





━ORDERMADECOM・EVENT・DATA━━━━━━━━━━━━━━━━━…・・

登┃場┃人┃物┃一┃覧┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛

【ka6302/氷雨 柊/女性/20/霊闘士(ベルセルク)】
【ka6605/クラン・クィールス/男性/18/闘狩人(エンフォーサー)】
【ゲストNPC/女性店員達/ブライダルサロン店員】

ラ┃イ┃タ┃ー┃通┃信┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
納期いっぱいお時間を頂いてすみません。可愛らしいおふたりのノベル、お届けいたします。
ハンターとして活動するおふたりの、日常の中の甘酸っぱいハプニング。
そんな素敵な一場面を書かせて頂き、大変嬉しゅうございました!
イメージと違う等ありましたら、お気軽にリテイクをお申し付けください。

この度はご用命下さりありがとうございました!
イベントノベル(パーティ) -
鮎川 渓 クリエイターズルームへ
ファナティックブラッド
2017年07月31日

投票はログイン後にできます。

ログインはこちら







夏イベント「朱夏の奏」





©Crowd Games Co.,Ltd All Rights Reserved.