▼作品詳細検索▼  →クリエイター検索


『交わるのは拳 』
クローディオ・シャールka0030)&ジャック・J・グリーヴka1305

 古ぼけたカウンター席で隣り合い、クローディオとジャックはグラスに薄く注がれた琥珀色の酒を舐めるように煽る。
 唇に張り付いた熱っぽい酒の感覚が、舌を伝って喉の奥に流れ込む。
 心地よい温かさがじんわりと全身に広がった。
 カウンターの向こうでは、酒場の主人が蝋燭の炎を頼りにグラスを丁寧に磨き上げる。
 暗がり溶け込む燭の炎は、世界を照らすには少々心もとない。
「クソッ、沁みやがる……」
「ずいぶんと派手に食らっていたからな」
 頬を撫でながら苦い顔で舌打ちをしたジャックに、クローディオは薄い笑みで返した。
「ちょうどいい消毒代わりにならあ」
 ジャックは乱暴に酒を煽ると、ほほの裏側で軽く転がす。
 指すような痛みが脳天を突き抜けたが、ジャックは引きつった笑顔でそれを噛み潰した。
「いつも真正面からあたる必要はないのではないか?」
「馬鹿野郎、それが懐の深さだ」
 言いながらドンと厚い胸を叩く姿に、クローディオは何も言い返すことはない。
 それがジャック・J・グリーヴという男だと知っているし、そういうところを好ましいと思っている。
「そういうお前だからこそ守れるものがある」
 クローディオの言葉を、ジャックは小さく鼻で笑った。
「身体ひとつで守れるものなんざ“たか”が知れてるぜ」
 残りの酒を一息で飲み込む。
 店主が無言でお代わりを注ぐと、彼は手を振って礼を示す。
「それでも、救われた命があることに変わりない」
「救われなかった命があることも変わらねぇ」
 被せるような返しに、クローディオは面食らったようにその横顔を見つめた。
「……この間の路地裏での事を言っているのか?」
「さぁな」
「お前が言っていたことだろう。それが運命だと――だから私も納得を示した」
「そうじゃねえよ」
 再びジャックが遮る。
 クローディオは一呼吸置いて、言葉の代わりに酒で唇を濡らす。
「身体はったところで、救えねぇものは救えねぇ」
「1人がすべてを救うことはできないだろう」
「できる」
 ジャックの強い一言に、クローディオははっとして彼を見た。
 どこまでも真っすぐな瞳で、ジャックは重く口を開く。
「カネさえありゃ、救えねぇものはねぇ」
 その答えにクローディオは眉をひそめた。
 この間から燻ぶっている違和感。
 胸焼けするような想いは喉を焼くアルコールと溶け合う。
「裏路地のアイツだって、カネさえありゃ救えた」
「それは流石に……傲慢な考え方ではないか?」
 違和感のままに、クローディオは問いかける。
「いくら金があったところで、すべてを救うことはできないだろう」
「あ?」
「先の依頼だってそうだ。我々が受けていなければ、そもそも彼に出会うことが無かった。そうなれば救うことなどできないだろう」
「たらればの話に興味はねえよ」
 ジャックは一蹴してグラスを傾ける。
 確かにそれはそうだ。
 我々があの依頼を受けた過去は変えられない。
 結果も変わりはしない。
「仮に……金があたっとして、あの時の彼がそれを受け取るのだろうか」
 だが、ここで話を切り上げてしまっては違和感の正体が余計に掠れてしまうような気がして。
 口にしてから僅かばかりの後悔が沸き起こり、クローディオはジャックの表情を盗み見た。
「そこから先はアイツ次第だ。手を伸ばすのか、払いのけるのか。それを決めるのは、俺じゃねぇ」
 違和感が胸の中で膨れあがる。
 自分を納得させるだけの理由が見つからない。
 裏路地で息づいた疑念の芽。
「それは、少々無責任ではないのか……?」
 吐き出すように、言葉が口を突く。
「そもそも受け取るかどうか決断を迫られる時点で、本当に彼は救われているのか……?」
「……どういう意味だ?」
「選択には大なり小なり後悔が付きまとう。それは彼を救ったことになるのだろうか?」
 ジャックはフンと鼻を鳴らして顔を背ける。
「人間生きてりゃ後悔は付きまとう。それをどこまで折り合い付けていくのかが、生きるってことだろ」
「しかし……いや、だとしたら……」
 掠れた違和感の芯がぼんやりと顔を出す。
 一体今まで、自分が何に納得できていなかったのか。
 一体今まで、自分が何にイラついていたのか。
「本当にカネは――誰かを救えるのか?」
 ピタリと、傾きかけたジャックのグラスが止まる。
 そして出かけた吐息を一度飲み込んで、代わりにグラスに酒を注ぐ。
「救える」
 断言し、酒を煽るジャック。
「どう、救われるというのだ」
「世の中、カネで解決できねぇ問題はねぇ。命だってカネで買える。お前だって、それを目の当たりにしただろうが」
「それは詭弁だ」
 友人の思わぬ言葉に、ジャックは驚いて振り返った。
 今度ははっきりと、自分の言葉でそれを否定したクローディオは、濁りのない瞳で彼を捉える。
「カネで延命は可能でも、寿命を買うことはできない。それだけは変わることがないはずだ」
 ガツンとグラスの底がカウンターテーブルに打ち付けられ、酒が雫となって飛び散る。
「それこそ詭弁だ」
 ジャックがやや苛立った様子でまくし立てた。
「そもそも人間の寿命なんて誰にも守ることはできねえだろう。だがよ、カネさえありゃくたばるその時まで後悔なく生きられる」
 いつの間にか握りしめられた拳に力がこもる。
 その力強さにギリリと、骨の軋む音が鳴る。
「人生はカネで買える」
「いや――」
 おぼろげな違和感はいつしかはっきりとした形を持っていた。
 ああ、そうか。
「――カネで人は救えない」
 けたたましい音と共に、木製の椅子とテーブルが砕け散る。
 一瞬のことに、店主や他の客たちははく製のようにそれを眺めていた。
 木くずの降り注ぐ残骸の中で横たわるクローディオ。
 何をされたのか分からず。
 だが、じんわりと浮かんでくる頬の熱さ、そして歩み寄るブーツの音が次第に意識をはっきりとさせる。
「立てよクローディオ」
 ジャックの冷めた瞳がクローディオを見下ろす。
 無感情に思える瞳に映った自分の姿は、初めて感じた友への“恐怖”に縋っていた。
「立ってもっぺん言ってみろッ!」
 ジャックの大振りの拳が迫り、考えるよりも先に左腕がそれを受け止める。
 金属の軋む音と共に弾かれた一撃。
 代わりに大きく開いたそのボディへと、誘われるようにクローディオの右の拳が突き刺さった。
 湿った嗚咽と共に後退るジャック。
 クローディオはよろめきながら立ち上がると、床に散らばったナプキンを手に取って口元に伝う血を拭う。
「何度だって言ってやる。カネは、誰も、救えない」
「てめえぇぇぇぇぇええええ!!」
 咆哮に似た叫びと共に踏み込むジャック。
 放たれた拳は今度は受け止められることなく、棒立ちのクローディオの頬を捉えた。
 歪んだ頬の先で瞳が見開かれ、左手をジャックの鼻先へと叩きこむ。
 吹き飛んだ身体はカウンターの椅子をなぎ倒し、酒に濡れる床に転がった。
 大股で歩み寄ったクローディオは、意識の朦朧とするジャックの襟元を掴んで力任せに引き寄せる。
「何故そこまでカネに縋る!? お前ほどの男なら、他にいくらでも――」
 不意に足元が掬われて、クローディオは肩から床に倒れた。
 ジャックが咄嗟に足を払ったのだ。
 彼はそのままクローディオに覆いかぶさると、自分がそうされたように襟元を掴み抑えつけた。
「他に……?」
 乱れた前髪の隙間から、血走った瞳が覗く。
 それを目の当たりにして、クローディオは思わず息を呑んでしまった。
「他に何があるってんだ……そんなもん、あんなら示してみろよッ!!」
 ジャックの拳が頬を穿つ。
 何度も。
 何度も。
 拳を使わないまま自分が彼の心をそうしていたのだと気づいたとき、抵抗する力はクローディオに残されていなかった。
 譲らない。
 これだけは譲っていけない。
 譲ってしまったら――自分が自分ではいられないから。
 頭が割れそうなほどに上りきった血。
 ジャックの脳裏に浮かぶのは、かつて救えなかった友の表情。
 もう失わないと誓った。
 そのために、自分はカネの力を選んだ。
 いつしか、酒場は野次の喧騒に包まれていた。
 はやし立てる歓声が耳に届いて、ジャックはふと我に返る。
 虚ろな表情で無抵抗のクローディオを見下ろして、彼は掴んでいた襟を乱暴に離した。
「……手間賃だ」
 適当にポケットから握りしめた硬貨をカウンターにバラまいて、ジャックは店に背を向ける。
 入口の扉を潜るその表情は煮え切らず、夜の湿った空気に似て淀んでいた。
 残されたクローディオは、しばらく間を置いてからぎこちなく起き上がる。
 自らが倒した椅子を立て直し、ギリギリ悲鳴を上げる身体を圧して腰かける。
 何も言わず目に付いたグラスを手に取ると、中身を一息に煽った。
 口の中にじんわりと沁みる痛みに浸ることしか、気を紛らわすことはできなかった。

 ――了。
 


━ORDERMADECOM・EVENT・DATA━━━━━━━━━━━━━━━━━…・・

登┃場┃人┃物┃一┃覧┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛

【ka0030/クローディオ・シャール/男性/29歳/聖導士】
【ka1305/ジャック・J・グリーヴ/男性/22歳/闘狩人】
パーティノベル この商品を注文する
のどか クリエイターズルームへ
ファナティックブラッド
2018年09月14日

投票はログイン後にできます。

ログインはこちら












©Crowd Gate Co.,Ltd All Rights Reserved.