▼作品詳細検索▼  →クリエイター検索


『瞳は未だ帳の奥 』
バルタサール・デル・レイaa4199


 H.O.P.E.に入る前の事。バルタサール・デル・レイ(aa4199)は一時期メキシコで「掃除屋」と呼ばれていた。不可解な事件があると聞けばリボルバーひとつで駆け付けて、解決すれば即座に立ち去る。バルタサールはそんな自称をした事はなく、つまり勝手に付けられたあだ名、あるいは敬称であったのだが、そんな時分の話である。
 バルタサールはその日、ある噂を元にしてメキシコの路地を歩いていた。噂のタイトルは『死神』。なんでも路地裏に突然現れ、通り掛かった人間を殺しては忽然と姿を消すらしい。被害者は全員死んでいるので正しく根も葉もない噂だが、犯人が現れた経路も逃走経路も不明のため、警察もお手上げ状態、というのは確かだった。
「この辺りか」
 唯一判明している事は、『死神』が現れるのはここら一帯であるという事。つまり手掛かりはほとんどなく、探すにしても行き当たりばったりの運任せにするしかない。完全にギャンブル。当たるかハズレるか。俺の運がいいか悪いか。目を閉じ、聴覚だけに意識を集中させる。そこに狙いすましたように女の悲鳴が飛んできた。
「誰か、誰か助けて!」
 共鳴し悲鳴へ走る。角を曲がった先にいたのは腕から血を流した女と、鎌を掲げて女を追う死神のような姿の何か。その感情の見えない、しかし『爛々と赤く光る』瞳に落胆を覚えつつ、バルタサールは銃を向け、そして低く呟いた。
「失せろ」
 女が脇をすり抜けたのと、リボルバーが弾を吐き出したのは全く同時の事だった。死神は鎌を振って一射目を弾いたが、バルタサールは無表情で引き金を絞り続ける。当たらないなら当たるまでひたすら撃ち続ければいい。普通の銃なら弾切れもあるが、このリボルバーはAGW。ライヴスが尽きるまでは無尽蔵に撃つ事が出来る。便利な武器。便利な力だ。
 
 この力が、あの時俺にあったなら。

 死神の腕に銃弾が潜り、それが呼び水となったように次々と叩き込まれた。ボロ布のようになって崩れ落ちた死神の眉間に、バルタサールは過たずに銃口を。
「今日のギャンブルもハズレだったな」
 パン。


 バルタサールはかつて、メキシコの麻薬カルテルに所属していた。幹部だった。妻がいた。子供も。その全てをたった一瞬にして失った。とある愚神に麻薬カルテルを壊滅させられ、同時に妻子を殺害された。目的は不明で、作業的なようにも見えた。 自身も致命傷を負って意識を失ってしまったため、愚神の正体等の手掛かりは少ない。
「H.O.P.E.って所に入るぞ」
 ある日バルタサールは英雄にそう言った。しばらくメキシコで愚神探しをしてみたものの、手掛かりさえ得られなかった。やはり個人では限界がある。H.O.P.E.は愚神や従魔に対抗するための組織であり、英雄と誓約を交わした能力者を、リンカーを集めている。そこに入れば何らかの情報があるかもしれない。確実とは言えないが、少なくとも噂だけを頼りに、雑魚を狩りながら当てのない探し物をしているよりはマシなはずだ。
 だがH.O.P.E.に入ってからも目ぼしい情報は特になく、適当に依頼に入り、その都度従魔や愚神を狩り、時には人命を守るといった日々だけが続いていった。手掛かりは圧倒的な力と、何の感情も窺えない昏い瞳だけ。少ないどころか、正直手掛かりと呼ぶにはあまりにも頼りない。仇とまみえてもそれと気付かぬ可能性だってある。
 今日もバルタサールは引き金を引く。依頼を受け、愚神討伐に赴き、仇ではない愚神に引き金を引く。機械的に、作業的に、愚神を殺す様はあの日妻子を奪った仇を真似ているようでもある。
 淡々と、リズミカルに、パン、パン、パンと鳴る音は、手拍子でも取っているようだ。こうやって銃を撃ち続ければ、いつか仇に遇えるだろうか。この銃弾を仇の眉間に撃ち込む事が出来るだろうか。そんな日が訪れたなら、この手拍子じみた銃声は盛大な拍手に変わるだろう。見事仇を討った男に、祝福の拍手の音が降り注いでくれるだろう。
 だが見つからなければ、拍手の意味は全く別のものに変わる。仇を見つけられぬまま果てた、哀れな男への哀悼に。
 バルタサールの仇は見つかるのか。討ち果たす事が出来るのか。それはバルタサールには分からない。バルタサールに出来る事は銃を握る事だけだ。もしかしたら復讐も叶わず、現れない仇を求め続け、そのためだけに日々を費やし、いつか死ぬのかもしれない。
 それでも。
 自分に訪れる結末がどのようなものであろうとも、あの愚神に遇うまでは、この指が冷たい引き金から外れる事はないだろう。

━ORDERMADECOM・EVENT・DATA━━━━━━━━━━━━━━━━━…・・

登┃場┃人┃物┃一┃覧┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛

【バルタサール・デル・レイ(aa4199)/外見性別:男性/外見年齢:48/能力者】

ラ┃イ┃タ┃ー┃通┃信┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
 こんにちは、雪虫です。バルタサールさんのプロフィールを参考に、このような物語を作成させて頂きました。イメージや設定等と齟齬がございました場合は、お手数ですがリテイクのご連絡をお願い致します。
 この度はおまかせノベルのご注文、本当にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い致します。
おまかせノベル -
雪虫 クリエイターズルームへ
リンクブレイブ
2018年11月15日

投票はログイン後にできます。

ログインはこちら












©Crowd Gate Co.,Ltd All Rights Reserved.