グロリアスドライヴ ノベル系商品の対応開始 春の新生活応援キャンペーン

▼作品詳細検索▼  →クリエイター検索


『孤児院のクリスマス 』
氷鏡 六花aa4969)&ヴァイオレット メタボリックaa0584

●クリスマス・イブ
「……ん。こんにちは」
 氷鏡 六花(aa4969)は、扉の陰からそっと中を覗き込む。広間の真ん中で車椅子に座っていたヴァイオレット メタボリック(aa0584)は、少女の姿を認めるなり、ベールの奥で口元を和らげる。 
「おお、よく来てくれただな。さあ、とりあえず婆さんのところに来るだ」
 ヴィオは杖を突きつつ、六花を手招きする。六花はこくりと頷くと、そろそろとフローリングへ一歩踏み出す。
「もう身体は大丈夫か?」
「……はい。おかげ、さまで……」
 少女はおずおずと微笑む。ケベック・シティで繰り広げられた決戦へ共に参加した二人だったが、六花は群がる大量の従魔を撃破する為にリンクバーストを発動し、つい先日までその反動による体内の不調を癒す為、H.O.P.E.の療養所で臥せっていたのである。
「ああ、氷鏡さん! ちょうど良かった!」
 大量の紙テープをカゴに乗せ、一人の少女がやってくる。彼女の名前は須藤 深春(ゲストNPC)。孤児院では一番の年長だ。
「今から飾りつけしようと思うんだけど、手伝ってくれない?」
 そう言って、深春は六花に紙テープを手渡す。
「……ん。わかり、ました……」
「ありがとう! それじゃあ、輪っかを繋げてさ、鎖みたいにしていって。うんと長いの作って!」
 快活な深春に言われるがまま、六花は作業を始めた。深春の作る見本を横目に、せっせと輪っかをこしらえていく。

――自分の人生まで、投げ出してしまわないで。

 ふと、英雄の言葉が蘇る。最初は断るつもりだった六花は、ふとすると胸に去来するこの言葉に導かれ、気づけば準備からパーティに参加していたのだ。

 そんな少女の横顔を、ヴィオはじっと見つめていた。この少女を守り導かんと決めてから、これまで以上に気にかけてきた。その願いが通じたのかは定かでないが、先日から、少しだけ少女の眼が柔らかくなった気がした。
「なあババァ! ツリーはこんな感じでいいのかよ!」
 じっと見ていると、修道服の裾を引き、ぼさぼさ髪の少年がリビングの隅に置かれたツリーを指差して尋ねる。ババァ。まあ確かにその通りだが、ヴィオは唸って少年の額を突く。
「まーたババァか。そんな言い方するもんでねえだよ」
 ツリーを見上げれば、少年少女達が皆で集まり鈴飾りやライトを取り付けていた。ヴィオは小さく頷く。
「うむうむ。よく出来ただな。……それじゃ仕上げもせんとな」
 テーブルに載せられていた星飾りを手に取ると、ヴィオは振り返って六花に目を向けた。
「六花や、こっちにおいで。最後の仕上げをしてくれんか」
「……ん。六花が……?」
「いいんじゃない? 脚立押さえててあげるから、一緒に付けましょうよ」
 深春はにっこり微笑むと、立ち上がって六花へ手を差し伸べる。六花は暫し眼を瞬かせていたが、やがてこくりと頷き、深春の手を取った。そのまま小走りでツリーへ駆け寄ると、傍の脚立をそっと上り始めた。
「……」
 少し古い脚立は、一歩上がるたびにぎしぎしと変な音を立てる。普段勇敢に戦っている六花だが、ぐらつく脚立は妙に怖い気分にさせられた。六花は慌てて振り向く。そこにはしっかり足元を押さえた深春が居た。六花はほっとため息をつくと、脚立の天辺に腰を下ろした。
 そっと手を伸ばし、もみの木の天辺に星を飾る。窓辺から差し込む陽を受けて、星は黄金色に輝いた。ヴィオは目を細める。
「これでツリーは完成じゃな。さて、他の装飾も夜までには済ましとくだよ。オラは今から明日の料理の仕込みを始める事にすっから」
「はあい。皆の面倒は私が見とくから、三人でよろしくね」
「うむ。任せただよ」
 ヴィオは頷くと、のっそりと踵を返す。六花もパーティに来るとなれば、腕が鳴る。

●クリスマス
 氷のように冷え切った、早朝の礼拝堂。ミサの前に、六花とヴィオは二人並んで立っていた。白く漆喰で塗り込められた壁は美しく、ステンドグラスも朝日を浴びて輝いている。ヴィオは祭壇に飾られた十字架を見上げながら、六花に語る。
「ミサはやる事いっぱいあるが……朝の祈りは席の前に立って、静かに手を合わせて祈れば、それで問題無いだよ。大事なのは、己の心を見つめ直す事だ」
「……ん。はい」
 六花は頷くと、そっと手を合わせた。隣でヴィオも手を合わせ、そっと首を垂れる。
「新しい朝を迎えさせてくださった神よ、きょう一日わたしを照らし、導いてください……」
 ヴィオはしわがれた声で謳い続ける。六花もその言葉に合わせて思いを巡らせる。
(ここでムラサキカガミさんは……みんなの幸せを祈っていたのかな)
 今はその面影も無いが、かつてこの場所は、とある愚神との決戦が演じられた舞台だった。人の心の闇に付け入り、配下かつ、自らの贄となる愚神を育てる温床としていた愚神、ムラサキカガミ(az0078)。この地で彼は己に眠る忌まわしい真実を知り、絶望の中でエージェント達と相対したのである。
 愚神となる前の彼は、否、愚神となってさえも、彼は優しかった。人を救いたいというその一心で、彼は人の苦しみを見つめていたのだ。
(今の自分を見たら、彼はどう思うかな。……がっかり、するかな)
 英雄に抱きしめられた感触が蘇る。幸せになって欲しい。彼にそう言われて、自分の未来というものを見つめるようになった。友達と一緒に何かを楽しむという事も思い出せた。しかし、最近はまた忘れてしまっていた。仇を討つためならば死んでもいいと思うようになってしまっていた。
 ヴィオは一心に祈っていた。隣に立っている少女に、幸い多き人生が訪れる事を。もう少女は一生分苦しんだ。せめてこの艱難辛苦を潜り抜けた暁には、幸せに満ちた人生を与えて欲しいと願った。
(美佐様。どうか)
 今や叶わぬ想い。それでも、天から願いを聞き遂げて欲しいとヴィオは祈った。
――祈りを捧げるべき相手を間違えていませんか。
 ふと、祭壇の方から声が響いた。はっとしてヴィオは面を上げる。質素なローブに身を包んだ青年が、祭壇に聖書を開いて立っている。その眼は厳しい。
――あなたは神にのみ祈らなければならない。あなたは聖職を志したのだから。
 青年に軽く睨まれ、思わずヴィオは慄く。目の前に立つ青年は、若いながらも敬虔さ故の威厳に満ちていた。
「ああ、美佐様、すまねえ、すまねえだ……」
――あまり買いかぶらないでいただきたいものだ。それは私の望むところではない。
 六花が不安そうにヴィオを横目で窺う。青年の説教に、ヴィオは震えていた。彼の顔をまともに見られない。
――私は神に仕える者です。あなたと志を同じくする者であり、そこに貴賤などありません
 厳格に言い放つ。ヴィオは顔を上げる事すら出来なかった。
――ですが、礼も申し上げておきましょう。
 ふと、青年の声が和らぐ。
――あなたのおかげで、救われる子達が居る。どうか、これからも――
「わかった。……わかりましただ」
 ヴィオは涙を浮かべたまま、何度も頷く。六花はヴィオに尋ねた。
「……ん。何か、あったんですか」
「美佐さんが、オラを励ましに来ただよ」
「あの人が……」
 六花は周囲を見渡すが。その姿は何処にも見えない。涙を零すヴィオの事を、ほんの少し羨ましく思った。
――あなたにも未来がある事、忘れてはなりませんよ。
 そんな時、微かに彼の声が聴こえた気がした。



 空高く上った陽が、少し傾いた頃。子供達を交えてのミサを終え、ヴィオと六花は席を並べてクリスマスの御馳走にありついていた。
「……オラの両親はな、アイアンパンク化手術に関わる専門医だっただ」
 パネトーネを切り分けながら、ヴィオは六花にぽつぽつと話し始める。目まぐるしく変わり続けてきた自分自身を、改めて振り返る為に。
「それなりに腕の立つ医者でな、それなりに有名だったが……そのせいで、余計なモンにも目を付けられちまっただよ。抗争で手足を失ったヴィランズが、アイアンパンク用の義肢を付けろと言ってきたんだ」
 その瞬間の光景は曖昧だ。怒号が聞こえる。悲鳴が聞こえる。しかし、父親の表情も、母親の涙も、最早思い出せない。
「そのヴィランズは、殺人やドラッグの売買まで、何でもやるような組織でな……そんなところの人間に施術はしてやれないと言って、断ったんだ。そうしたら、傍の鉄砲玉におっ母が撃たれてな……おっ父もそのまま人質に取られちまっただ」
 焼き付いているのは、ガソリンの臭い。不利を悟ったヴィランは、ガソリンを撒き散らして施設に立てこもったのだ。密室でガソリンが揮発する中、ヴィランズはふてぶてしく笑いながらマッチを擦った。
「エージェントが駆けつけたんだが……説得に失敗して、ヴィランは親父諸共吹っ飛んじまっただよ。それからは、ずっと一人だ」
「……ん。そんな事が、あったんですね」
 六花は呟く。ヴィオは今でこそ老婆となっているが、本来は両親存命が当たり前のような歳なのだ。彼女の辿った日々を想像し、思わず六花は俯いてしまった。ヴィオは振り向き、六花に尋ねる。
「もしよかったら、六花の親の事も教えてくれねえだか?」
 ヴィオは心の奥に閉じ込めていた記憶を露わにしたのだ。六花も嫌とは言えなかった。
「……二人とも、昔は南極基地で、研究者をやってた……みたいです。六花が、ペンギンのワイルドブラッドとして生まれたのも……もしかしたら、二人が南極で暮らしてた……その影響、なのかも」
 母親が語ってくれた昔話を思い出す。六花が大病を起こして病院に担ぎ込んだ時、精密検査で所謂ヒトとは違う因子を持っている事が明らかになったらしい。
「でも、パパもママも……普通の人間じゃない、六花のこと、すごく、大事にしてくれて」
 絶望の瞬間が蘇る。巨大な狼に父親が喰われ、雪娘を名乗る愚神に身体を凍らされ、母はそのまま全身を砕かれた。二人の最期が脳裏にありありと浮かび上がり、思わず六花は言葉を詰まらせる。
「……ん、く……」
「大丈夫か?」
 ヴィオは咄嗟に六花の肩を撫でる。その手の温かみが、六花に一つの愛を思い出させた。
(……そうだ。パパもママも……六花に、生きて欲しくて。六花を、守るために……命を懸けてくれた……んだ)
 決して自分一人の命ではない。父と母の想いが、自分の命には込められている。その事に気付いた時、アルヴィナの願いもまた、六花の心の奥で、教会の鐘のように響き渡るのだった。
(六花は……本当は……本当に望んでいる事って……)
 砕けていたパズルが、再び一つへ組み上がろうとしていた。

●守り人
 子供達の快哉が聞こえる。クリスマスプレゼントを受け取った子供たちは、リビングではしゃいで早速遊び始めていた。そんな姿を隅で眺め、ヴィオは六花にそっと一つの透明な箱を手渡す。中には、少し照れたような表情をした、紫色のローブを纏う青年が立っていた。貞潔なるバトルメディック、美佐和彦(ゲストNPC)のフィギュアである。
「……ん。これ……」
「オラたちの“守り人”だ。アルバムで共鳴後の姿を見つけて、作ってもらっただよ。……まあ、こんなの、女の子が喜ぶもんでねぇけれど……」
 運命によって歪められる前の、純粋な優しさがその表情には浮かんでいた。見ているだけで、心が鎮まるような気がする。六花はぺこりと頭を下げる。
「ありがとう、ございます。……大切に、しますね……」
 六花は幻想蝶に手を当てると、中からペンギンのぬいぐるみを取り出した。
「……あと、これ。本当は、あみぐるみを作りたかったんですけど、時間がなくって……」
 ぬいぐるみを受け取ったヴィオは、相好を崩した。
「おんやまぁ。大切にするだよ」
 そっと手を伸ばし、六花の頭をそっと撫でる。
「六花の事もな」



 孤児院のクリスマス おわり



━ORDERMADECOM・EVENT・DATA━━━━━━━━━━━━━━━━━…・・

登┃場┃人┃物┃一┃覧┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛

氷鏡 六花(aa4969)
ヴァイオレット メタボリック(aa0584)
ムラサキカガミ(az0078)
須藤深春(ゲストNPC)
美佐和彦(ゲストNPC)

ラ┃イ┃タ┃ー┃通┃信┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
影絵 企我です。
この度はご発注いただきありがとうございました。
美佐さんについては少々真面目な宗教家なので、演出としてはこのような感じになってしまいました、すみません……私以外を神としてはならないのです。
その他についても、何かあればリテイクをお願いします。

それではまた、御縁があれば。
イベントノベル(パーティ) -
影絵 企我 クリエイターズルームへ
リンクブレイブ
2018年12月21日

投票はログイン後にできます。

ログインはこちら







春の新生活応援キャンペーン





©Crowd Gate Co.,Ltd All Rights Reserved.