▼作品詳細検索▼  →クリエイター検索


『以心伝心』
三ッ也 槻右aa1163)&荒木 拓海aa1049

 29歳と30歳の間には、エベレストに刻まれたクレバスよりも深い溝があるらしい。
 まあ、三ッ也 槻右(aa1163)が跳び越えてみて思ったことは、「気にしてるうちにいつの間にか越えてたかな」だったが。
 強いて若いころとのちがいを述べるなら、自分の立場を弁えられるようになったくらいか。そして現在、彼はその心持ちを生かし、戦場に立つよりも依頼現場へ向かうエージェントのサポートを主任務としている。
 ちなみに公私の様子から、「ママ」の通称で呼ばれていたりするのだが、ともあれ。

「――愚神出現!? って、あいつですか」
 東京海上支部内をはしる緊急連絡に、眉根を引き下ろす槻右。
 最近、東京湾に棲みついた従魔がいる。それは複数回に渡るH.O.P.E.討伐部隊の手を逃れ続けてきた厄介な相手だった。
 槻右はすぐに事務机の上に設置されたパソコンで愚神のデータを呼び出す。
 能力的にはようやくデクリオ級という程度の愚神だが、問題は特記事項欄の「海中を超高速で移動し、センサーをジャミングする墨を吐く」である。
 等級的に高ランクのエージェントを派遣できる敵ではなく、だからこそ中堅未満の新人チームを派遣しては取り逃がすを繰り返していて、なのに人的被害が現状ないことから現状は覆らない……
 槻右はため息をつき、依頼難易度“易しい”で出動を促す作戦部へ連絡を入れた。
「こちらの依頼、ひとまず僕に預けていただけませんか?」
 厄介な敵へ対するには体力よりも経験が必要だ。そして人数を増すより、陣形に捕らわれず、且つ、密な連携を実現できる少数でかかるほうがいい。
 それにこれ以上、新人に失敗を重ねさせたくなかった。成功体験があってこそ長所は伸びるのだから。
 経験あるエージェントとして、天職なのだろう「ママ」として、ここはひと肌脱がなければなるまい。


「どれくらいぶりになるかな」
 荒木 拓海(aa1049)は目を細め、東京湾の縁から海原へと視線をはしらせた。
 主語のないセリフだったが、槻右は迷わない。
「四年。何ヶ月めの何日ぶりかも言おうか?」
 さらりと返された言葉に苦笑を見せた拓海は、目尻へ浮いた薄皺を指先で伸ばして。
「その日は記念日にして盛大に祝いたいからさ、来年になったら教えてくれる? なにせオレも歳だからね。憶えてられる自信がない」
 言い置いて、拓海は海へと身を投じていった。
 しかたないなぁ。槻右は息をつく。
 事あるごとに年齢を振りかざしてくる拓海のずるさは困りものだが、ああしてさりげなく甘えてくれるのは悪くない。それにしても、歳を取るほどチャーミングになるなんて、ずるくないか?
 ゆるみかけた口の端を、槻右は力を込めて引き締めた。
 拓海は毎日を共に過ごすパートナーだが、同じ戦場へ臨むのは4年(と7ヶ月12日)ぶり。唯一の後衛として、唯一の前衛のカバーとサポートをきっちりこなさなければ。

 高くつくわよ〜?
 語尾を大きくくねらせる英雄へ、内で『任せろただしできればお手柔らかにひとつ……』と手を合わせ、海中を泳ぎ進む拓海はシャドウフェイスの奥に隠した目を周囲へ巡らせた。
 槻右からの連絡を受け、とある研究に没頭している英雄を拝み倒して駆けつけたのだ。それに報いるだけの成果を出したいし、若手が参考にできる戦闘ログを残してもやりたい。そしてなにより、愛する槻右にかっこいいところを魅せたかった。
 いつそんな機会が来てもいいように鍛えてはきたし、そうでなくとも最近はすっかりパパっぽくなってるしな。ここらで惚れなおしてもらわないとね。
 頭上には槻右の乗り込んだ小舟がある。拓海が餌で、槻右は漁師。この分担がなにを為すものかは、知ってからのお楽しみだ。
 と。海水が細かに揺らぎ、一気にその振動を大きく増した。
 来る。思うと同時に、かろうじて流線型と知れる愚神が来た。
 魔剣「ダーインスレイヴ」を斜に構え、その突撃を受けた拓海は上へと弾かれる。
 海底に足を据えていなかったのは、第一にこの衝撃を逃がすためだ。なにせ敵はタコ型。そのジェット噴射による突撃は相当な威力を生む。
 果たして体勢を崩した拓海へ、愚神は急旋回から再び突撃をかけた。
 これまで同じようにエージェントをやり込めてきたのだ。その成功体験は戦術として研ぎ澄まされ、最適化されている。つまりは突っ込んできたそのときから、二度めの突撃は確定していたということ。
 さすがに速いな。引っ掴む間をもらえなかった。でも、おまえがもう一回来るのはわかってたからさ。捕まえるよ、今度こそ。
 拓海の口の端がかすかに上がる。そう、今このときの有り様は誘いだったのだ。

 小舟の上で両足を踏ん張った槻右が英雄へ「投網を投げ込むよ」。
 そして守護刀「小烏丸」を高くかざせば――“硯羽”の銘を与えられた黒灰の刃が速やかに数多の兄弟を顕現させ、降り落ちさせる。槻右を取り囲むように、下へ。海を押し割り、その奥を突き進む愚神へ。
 ウェポンズレインは術者の周囲を無差別に貫く範囲攻撃だ。しかし、術者の真下に重なるものは対象から外される。海上の槻右と同軸の海中にある拓海が刃の雨に飲まれることはない。
 ここまでは打ち合わせどおり。だから、見せるのも魅せるのもここからだよ。

 唐突に降りそそいだ刃の豪雨の中、愚神は噴射をスタッカットに刻んで回避を試みる。しかし周囲はもれなく黒灰の刃に埋め尽くされ、逃げ場がなくて。
 やわらかい体に無数の切り込みを入れられ、右往左往していたところを、これもまた唐突に打ち据えられた。
「網の次は釣り針ってね」
 魔剣の唐竹割りで大きくひしゃげた愚神の頭部へ、拓海は続けて切っ先を送り込む。
 釣らせない。と思ったものかは知れないが、愚神はその八本の触腕を伸ばし、剣身ごと拓海の腕を絡め取った。吸盤に仕込まれた牙が彼の防具を引っ掻き、防御の薄い関節部を噛み破る。
「……釣り針が剣だと思ったのか?」
 締め上げられ、噛み裂かれる痛みの中で、拓海は今度こそ笑ってみせた。
 加齢によって瞬発力は下がっているが、その分、苦痛への耐久力は上がっている。体ばかりのことではなく、心もだ。
 ほんとに我慢強くなったよな、オレ。いつも尻に敷かれてるから……特に英雄の姐さんにさ。
 いや、待て待て、ちがう。甲斐性。甲斐性をゲットして、懐が深みを増したっていうのかな。うん、これがいわゆる男の円熟さ。
 英雄に訊かれないよう胸中でつぶやいておいて、拓海は巻きついてくる愚神を突き放すどころか強く抱え込んだ。
 その瞬間。拓海は愚神ごと勢いよく上へと跳ね、次いで点火されたライヴスジェットパックの加速をもって海面を突き抜け、空へと達する。

 釣れたね。
 両腕を巻き上げていたワイヤーから素早く引き抜いた槻右は、浮かべておいた飛盾「陰陽玉」を引っ掴んでフリスビーよろしく投げ打った。
 白黒の双盾は海面にバウンドして跳ねていき、その度に分身、数を増していく。ものの数秒で盾は数千にも増殖し、フラグメンツエスカッションのモザイクで海面を覆い尽くした。

 一方の拓海は使い捨てのジェットパックを分離し、落下を開始した。
「これは釣りだからね。次は水揚げってわけさ」
 愚神はようようとふたりの意図を悟る。
 拓海がジェットパックを水中で使わなかったのは、自由に動けない様を演出してこちらに攻め込ませるためだ。
 槻右は先のウェポンズレインに紛れ込ませてワイヤーかそれに相当する“糸”を投じ、拓海へ結わえ付けさせた。そして文字通りの餌となった拓海に愚神が食らいついた瞬間、釣り上げたのだ。
 それに合わせて拓海がジェットパックに点火したのは、海中でこちらを逃がす隙を与えないためであり、槻右が“陸(おか)”を作るまでの時間稼ぎ。
 ただのふたりが、互いの姿を見ることもなく為した連携。
 愚神は骨のない身をぶるりと震わせる。このまま終われるものか――!
 盾の陸に叩きつけられた反動に乗り、拓海の拘束から抜け出した愚神が、彼の顔へ墨を吐きつけた。
「っ!」
 目を潰された拓海はよろめきながらも魔剣を振り込んだが、べしゃりと這った愚神を捕らえることはかなわない。備えてきた各種センサー類もアラートを鳴らすばかりで役には立たず、逆に幾度も打ち据えられて膝をつくこととなった。
 今だ。盾の上をすべって海を目ざす愚神。
 しかしその眼前は後方から押し寄せる刃の奔流に塞がれて――

「拓海、踊って!」
 咄嗟のライヴスキャスターで愚神を足止めした槻右が鋭く声音を放つ。
 10年前なら衝動に突き上げられるまま愚神へ突撃していただろうが、今はちがう。弁えていたし、なにより拓海という前衛を信じている。だからこそ。
 先ほど放したはずのワイヤーを握り込んだ手を繰り、その先に未だ繋がれたままの拓海を促した。

「リードは任せるよ!」
 目を閉ざしたまま、拓海は魔剣を正眼に構えた。
 腰に結わえ付けられたワイヤーが引かれ、それに合わせて彼は左へ。
 脇を抜けて行く触腕の風圧を巻き取るように剣を振り抜き、ずぐん。不自然な弾力を押し分ける手応えを得る。
 ――いや、当たっただけだ! 叩いただけじゃ斬れない!

 まだ斬れなくていい。今は拓海の無事を僕が保つ!
 拓海の後方でポジショニングを変えながら、槻右はワイヤーを引いて拓海への指示を送る。センサーが使えず、声をかけている暇もない白兵戦をリードできるのは、人形遣いとしての彼と人形たる拓海に互いを預け合えるだけの絆あればこそ。
 さすがに戦術データにはならないかな。
 思ってみてから訂正した。これは戦術データになんてできないし、しない。
 これは僕と拓海じゃなくちゃできないこと。ひとつくらいはそんなことがあってもいいよね?

 ああ、オレってやっぱり操縦されがちな夫なんだよなぁ。ま、これも甲斐性だ、甲斐性。
 自分に言い聞かせて、彼は魔剣を構えなおした。槻右の指示は踏み出す先と愚神の在る方向。そこから“次”を読んで反撃するのは彼の仕事だ。
 昔は敵に即応することばかり考えていたが、今は自分の得意の形になるまで待てるだけの心持ちがある。心が据わればそれだけ長く時間を使うことができるし、時間を使うことができれば敵を引き込む細工も為せる。
 押しつけた鍔元で愚神の動きを制しながらを引き込み、魔剣を一気に引き下ろす。敵の軟体に対するため、刃は鋭く研ぎ上げてきた。常は重さで叩き斬る大剣も、今日ばかりは日本刀さながらの芸を演じられるわけだ。
 果たして切っ先までの1メートル半をいっぱいに使って引き斬れば、3本の触腕が断たれる感触が返ってきて。
「決めるよ!」

 ワイヤーを手繰って駆けた槻右が拓海の背へ背を打ちつけた瞬間、拓海が横に回転。
 愚神の正面へ向いた槻右がバックハンドで飛盾を叩きつけ、先に送っておいたもう一枚との間に愚神のやわらかな頭部を挟みつける。
 その槻右の背を跳び越え、拓海が降り落ちた。もう見る必要はない。まっすぐ斬り下ろすだけでいい。問題はただひとつ、大剣を滑り込ませる隙のない間合の狭さだが――
 悪いな。オレの嫁はほんとによくできた嫁でね。
 盾に挟まれ、張り詰めた愚神の頭頂に、黒灰の刃が滑り込んだ。拓海と槻右とを繋いだワイヤーの重りとされていて、今まで拓海の腰裏に据えられていた“硯羽”が。
 かくて愚神は両断され、青き血を噴きながら溶け消えていった。


「海水は目にしみるって!」
 愚神の墨を槻右に洗い流してもらう中、拓海は情けない声をあげた。
「いい歳なんだからそれくらい我慢してよ」
 槻右は嫌がる拓海の目を洗い、拭いてやる。
「ほら、もうおしまい」
「ほんとに? 油断させといて実はまだだったとかなしだよ?」
 恐る恐る目を開けた拓海だったが、ふわり、目尻を下げて笑んだ。
「なに?」
「やっと槻右の顔が見えたから。離れてた分、再会の感動も大きくてね」
 ああ、本当に拓海はずるくなった。昔はこんなこと、いちいち言わなかったのに。
「僕もうれしいよ。拓海が僕を見て笑ってくれるのが」
 せめてものお返しにと素直な気持ちをぶつける槻右だが、これはお返しになったものかどうか……いや、そんなことはどうでもいいか。
 槻右が手を伸べて、拓海はそれを握り締める。
 再び結び合わされた絆の固さを感じながら、ふたりは並んで歩き出した。


パーティノベル この商品を注文する
電気石八生 クリエイターズルームへ
リンクブレイブ
2019年10月28日

投票はログイン後にできます。

ログインはこちら












©Crowd Gate Co.,Ltd All Rights Reserved.