▼作品詳細検索▼  →クリエイター検索


『腹中の狂信者(2)』
白鳥・瑞科8402

 任務を受領した白鳥・瑞科(8402)がまず最初に向かったのは、美しい装飾の施されたワードローブが待つ私室であった。すぐにでも戦場へと向かいたい気持ちはあるが、何事にも準備は必要だ。
 瑞科には、任務の際に必ず身につける衣服がある。肌をなぞり滑り落ちていった私服の代わりに、ワードローブから取り出した服を彼女は慣れた手付きで身にまとっていく。
 それは瑞科の完成されたボディラインを損なわないように、ピッタリと肌へと張り付く修道服であった。深いスリットが入っており、瑞科の美しくしなやかな足は惜しげもなく晒されている。腰下まであるスリットから覗く美脚は、ニーソックスに包まれていた。
 修道服の下に身に着けているのは、光沢のある黒のラバースーツだ。最先端の特殊な素材で作られており、耐衝撃性を持った特別な品である。このラバースーツはその薄さからは想像がつかない程頑強な防具となり、あらゆる攻撃から聖女の清らかな肌を守ってくれるに違いなかった。
 腰回りを守るコルセットもまた、軽量で薄い素材でありながらも中には特殊な鉄が仕込まれている。彼女の細腰を絞り上げている頑丈なコルセットは、その豊かな胸をいっそう魅惑的に見せていた。
 瑞科が次に取り出したのは、ケープだ。天使の翼のように純白のそれが、シスターである彼女に似合わないはずもない。肩に羽織られたそれは瑞科の神聖な雰囲気をいっそう深め、同色のヴェールもまた彼女をますます魅力的に見せる。
 白い衣装を戦場に着ていくと血で汚れてしまう危険性があるが、瑞科にとってはそのような心配は杞憂に他ならない。なにせ彼女は、相手の返り血すらも避ける事が可能な程の戦闘力を有しているからだ。むろん、自らが傷を負う事などありえなかった。聖女の純白が穢される事は、決してないのである。
 着替えは、続く。危険な任務に向かう準備を進めているというのに、彼女の手に迷いはない。瑞科のすらりとした長い腕が、ロングブーツに触れた。
 栄光に溢れた彼女の道を共に歩んできたその靴が、瑞科のニーソックスに包まれた足を膝まで覆う。履き心地を確かめるかのように一度、とんと靴先で床を叩くその仕草すらも瑞科が行うと優雅でひどく絵になる光景に映った。
 手にロンググローブをはめながら、聖女は全身鏡を見る。鏡の中の瑞科は、着替えが完璧に完了した事を確認し満足げに頬を緩めた。くすり、と人を惑わす穏やかな笑みを聖女は浮かべる。
 瑞科のために特注で制作されたこの修道服は、美しい彼女が身にまとうに相応しい華麗なデザインだ。
 それでいながらも機能性にも優れ頑丈で、瑞科が派手に戦場を舞っても破れる事もない、まさに彼女のための戦闘服であった。

 今回の任務は、突如消失した敵の拠点跡地の調査だけで構わない、と神父には言われている。
 だが、十中八九戦闘になるだろうと瑞科は予測していた。悪魔に関する資料を見た瑞科は、とある可能性に行き着いていたのだ。
 今回の騒動は、ただ信者が悪魔を召喚したわけではない。――そんな可能性に。

 ◆

 風が、瑞科の長く艷やかな髪をいたずらに撫でる。
 神父から聞いていた「教会」の調査結果に記述されていた通り、悪魔を崇拝する信者達の拠点があった場所はまるでその部分だけ世界から切り取られてしまったかのように不自然に何も存在していなかった。開けた大地の上には、草木すらも生えていない。
「けれど、痕跡は確かに残っていますわね。時間が経っているはずなのに、未だ消えない程大きくて邪悪な力……悪魔に相応しい気品の欠片もない暴力的な魔力を感じますわ」
 たしかにここでは、何かが起こった。何かが現れ、何もかもを食らっていった。その事態に巻き込まれた者達は、全て悪魔の腹の中におさまってしまったのだろう。
「やはり、今回はそれなりに楽しませていただけそうですわね」
 いくら信者達が悪魔を信仰していたといえど、無慈悲な悪魔が一方的にこの世界の者を蹂躙したという事実を聖女は許す事が出来ない。穢れた魂に悪しき者を裁く権利などないからだ。
「悪を裁くのは、このわたくしですもの」
 それが当然だとばかりに、自信に満ちた笑みを瑞科は浮かべる。敵を徹底的に見下した傲慢な言動も、実際に強大な魑魅魍魎をも倒す事が出来る実力を持った彼女がとると誰も文句などは言えないのであった。

 不意に、轟音が響く。
 何の予兆すらもなく、突然瑞科の立っていた箇所を悪魔の巨大な腕が抉った。
 しかし、その不意打ちの攻撃を見切っていた瑞科は、華麗にその腕を避けてみせた。跳躍した彼女は綺麗に着地し、その腕の持ち主に挑発するかのような視線を送る。
「あらあら、熱烈な歓迎ですわね? マナーも何もあったものではございませんわ」
 彼女の見つめる先には、闇があった。空間にあいた穴の向こうは暗く淀んでおり見えないが、たしかにそこからは邪悪な気配を感じる。
 この世界とは異なる異形溢れる世界の、嫌な空気の匂いがした。この穴は、異界へと繋がるゲートのようなものなのだろう。
 信者達を喰らった悪魔は、どうやら次の餌として瑞科を選んだらしい。選んだというよりも、突然現れた美しく実力もある存在に思わず手を伸ばしてしまった、と言った方が正しいかもしれない。
 あの程度の力しかない信者だけでは、悪魔は腹を満たせなかったのだろう。空腹であったところに瑞科という極上の食事が現れてしまっては、我慢など出来るはずもなかった。
「戦闘になるのは想定の範囲内ですわ。だからこそ、わたくしは今日戦闘服を着てきたんですもの」
 微笑み、聖女は剣を構える。そしてその切っ先を、殺気を放つ闇へと向けるのだった。


東京怪談ノベル(シングル) この商品を注文する
しまだ クリエイターズルームへ
東京怪談
2020年05月14日

投票はログイン後にできます。

ログインはこちら












©Frontier Works Inc. All Rights Reserved.