イラストコンバート第二弾 ハイブリッドヘブン スタート!

▼作品詳細検索▼  →クリエイター検索


『エオスの太陽の下で』
矢花 すみれla3882)&ニグレットla3439)&天野 一羽la3440

 潮風の吹き抜ける高台からは、青い海をバックに首都「エオス」の王城がよく見えた。
 エメラルドグリーンの屋根がエオニアの太陽に輝き、大きな旗が風にはためいている。
「ニグレットさん、ほら見て! このセット、私達のドレスに合うように、って作ってもらったの!」
 矢花 すみれ(la3882@WT11)はハイヒールの靴音を響かせながら、銀梅花(マートル)やピンクの薔薇、青いリボンのあしらわれた可愛らしい風船などで飾られた撮影セットの元へと駆け寄った。
 可愛らしいセットの真ん中にはお姫様の部屋にありそうなデザインが施された白いソファーが置かれ、ハート形の大きなクッションとテディベアが添えられている。
「ああ、これは可愛らしいな。すみれのイメージにもピッタリだ」
 ピンクの大きなユリの花があしらわれたブーケを手に、ニグレット(la3439@WT11)がすみれの後を追いかける。
 その様子を見て、アパレルブランド「TALAN LAPIN」の撮影スタッフもカメラを手に「可愛いですね」と囁き合った。

 今日はライセンサー達をモデルにしたいろいろなブランドの合同撮影イベントがここ、エオニア王国の各地で行われている。
 ウェディング衣装のモデルを務めるすみれやニグレットがその中から撮影地に選んだのは、首都「エオス」にある王城がよく見えるこの場所だった。
「やだやだ、もう。ニグレットさんもかわいー♪ 頼んでおそろいのデザインのドレスにしてもらって本当に良かった! なんかお姉ちゃんみたい♪」
「おやおや。すみれも甘えん坊だな。妹か。ふふふ、可愛いよ」
 ニグレットはすみれを抱き寄せ、隣り合ってソファーに座る。
 パステルピンクのプリンセスラインにデザインされたすみれのドレスにはめいっぱいの大きなフリルがあしらわれ、ベンチに座るとそれが八重咲の花のようにふわりと広がった。
 それと同じデザインの淡い水色のドレスを着たニグレットは「もっとこっちへ」とすみれに囁き、ギュッと身を寄せる。
 2人の頭の上にはドレスに合わせ、パールとハート型のストーンが施されたティアラが光っていた。

「ねぇ、ニグレットさん。お姫様の姉妹、みたいに撮ってもらおうよ。くまちゃんといっしょに私もぎゅってしてー」
「ふふ、そうだな。ならこのブーケはすみれに持ってもらおう。こうやって私がすみれを後ろから抱き寄せれば、2人で1つのブーケを抱えているように撮れるだろう? ほら、こうして……カメラに向かって笑ってごらん」
「こ、こうかな?」
「ああ、いい笑顔だ。かわいいよ、すみれ」
 ぎゅっと抱き合ったり、頬を寄せたり。
 甘く可愛らしい雰囲気で撮影が進む。
「ねぇ、ニグレットさん、次は立って撮影したいな」
「おや。私とばかり撮っていていいのか、すみれ? ほら、婿殿が羨ましそうに見ているぞ?」
 ニグレットはクスクスと笑い、カメラマンの後ろを示した。
 真っ白な反射板を手にするスタッフ達に紛れ、天野 一羽(la3440@WT11)が所在無げにこちらを見ていた。

「何よ一羽……もしかして、羨ましいの?」
 すみれがじとっとした目で一羽を見る。
 そして「混ぜてあげないわよ♪」という様子でニグレットに寄り添った。
「一羽だってニグレットさんがいいんだもんねー、そうよねー。じゃあ、私も甘えたっていいでしょ?」
「いや……そんな、ボクは」
「だってずーっとニグレットさんに鼻の下延ばしてるじゃない」
「の、延ばしてないよ!」
「ふーんだ、隠したって無駄よ。分かってるんだから」
 面白くない様子でむすっとした表情をするすみれ。
 その理由が分かっていない一羽を見て、ニグレットがクスクスと笑う。
「ではそろそろ、『お姫様』の相手役を婿殿に交代してやろうか。ほら、すみれ。可愛らしい背の君と撮影だ。行ってこい」
 ニグレットはすみれを一羽の方に促し、セットから離れた。

 一羽の髪をヘアスタッフが軽く整え直し、いざ撮影へ。
 もじもじしている一羽の顔を下から覗き込み、「……何よ」とすみれが睨む。
「……仮にもお嫁さんなんだし、何か言うことあるでしょ?」
「え、あ、お嫁さん……って……!」
「そうよ。今日はそういう設定でしょ?」
「あ……そう、そう、だよね……! うん、今日は……すみれちゃんは……ボクの」
 一羽はそう言って俯いてしまった。
 もうマトモにすみれの方を見られない――そんな様子である。
「何よ? 今日はそうやってずっと黙ってるつもり?」
 ぐっと迫るすみれ。
 一羽は「ひあっ?!」と悲鳴のような声を上げ、顔をますます赤くした。

「あ……えっと……その!」
「何よー? 言わないなら一緒に撮ってあげないわよ?」
「ええっ?! そ、それは……」
「一羽もせっかく『VOLANTE』のタキシード着て来てるのに、撮らないで帰る気かしら?」
 早く何とか言いなさいよ、と急かすドレス姿のすみれ。
 すると一羽はカーッと顔を赤くした後、ようやくぼそぼそとこう口にした。
「その、すみれちゃん、すっごく可愛くて……」
「……可愛い?」
「う、うん……」
「そう……可愛い、ね」
「え、だ、ダメだった?!」
「あのね、そこは綺麗だっていうのよ」
 せっかくのウェディング衣装なんだから、とため息交じりに口にするすみれ。
 だが、明らかにさっきより顔が赤くなったのを舞台袖のニグレットは見逃さなかった。
(半分は照れ隠しだな、あれは)
 一羽に可愛い、と褒められてまんざらでもないらしい。
 可愛らしい2人の様子をニグレットは撮影スタッフと共に見守る。
 周囲のそんな様子に気づかないすみれと一羽はすっかり「2人の世界」になっている。
 良い雰囲気だ。

「でも、まあ、可愛いって言えたし。その、一緒に撮ってあげるわよ」
「あ……いいの? じゃあ、すみれちゃん……ボク、どうしたらいいかな?」
「一羽はそっち立って。私と腕を組んで」
「こう、かな?」
「違うわよ。手を繋ぐんじゃなくて腕を組むの」
「ご、ごめん! これでいい?」
「そうよ。ほら、下向かないで前見て。撮るわよ」
 ドギマギしている一羽の視線をすみれがカメラへと促す。
 新郎新婦のように寄り添って。
 一羽はその状況にすっかり舞い上がっていた。
(どうしよう、本当に可愛い……すみれちゃん……!)
 ポーズを変える度に緊張した様子を見せる一羽は、初々しく写真に納まった。
 普段とは違う装いのすみれと向かい合ったり腕を組んだりすると、どうしてもドキドキしてしまうようだ。

「一羽は幼馴染よ。彼氏とか……そういうんじゃないわよ」
 撮影スタッフと軽く雑談しながら、すみれがポーズを決める。
 その傍らで、いくらか緊張がほぐれてきた様子の一羽が「そうなんです」と頷く。
「赤ちゃんの頃から一緒にいたんだ……だけど、こういう格好を見るのは初めて……かな」
 王城が背後に写る角度でポーズを変えて撮影しつつ、動画撮影も並行して。
 出来上がったのは、結婚式で使ってもよさそうなウェディングスナップとウェディングムービーとなった。
「ふふ、ではそろそろまた交代してもらおうかな。婿殿、今度は私のエスコートを頼むぞ」
 ヘアセットをし直したニグレットが再びカメラの前へ。
 そして「ふむ」と言って一羽のタキシード姿を眺めた。

「これは『VOLANTE』のタキシードだったな。白がよく似合うじゃないか、婿殿」
「あ……ありがとう。すみれちゃんのドレスに合せたんだけど、何か白って……『いかにも』って感じで照れくさいんだよね」
 一羽が白いグローブをした手で頭を掻く。
 そして、ニグレットと腕を組んでカメラの前に立った。
「婿殿とは……くくく。つくづく私の花嫁姿に縁があるようだな。年上の姫君は好きかな?」
「ニグレットさん本当に……お姫様みたい……いつもと違う感じだね。綺麗なんだけど、すごい可愛い……」
「ああ。すみれとお揃いのドレスの色違いだ。いかにも『お姫様』なデザインを希望した」
「そうなんだね……じゃあ、ボクも、合わせたほうが良かったかな……」
 実はいくつかのデザインの「VOLANTE」のタキシードを用意したのだと一羽は言う。
 撮影隊の中には同ブランドの衣装スタッフが待機しているようだ。
 するとニグレットが「なるほど」と頷いた。

「白以外もあったんだな。他にどんなのがあるんだ?」
「ベージュ系とブラウン系のが何着かと……あとは一応、黒も用意してもらったんだ」
「ふむ。なら次は黒を着て撮ろうか」
「えっ、黒?! どうしよう……オトナすぎるかな、って思ったんだけど」
 戸惑いつつも、せっかくだから、と一羽は衣装を着替え、今度は黒でニグレットの隣へ。
 2人の雰囲気に合わせ、撮影セットが「可愛い」ものから「クール」なものに変えられた。
「じゃあ今度はニグレットさんがグランドピアノの前に立って……あ、綺麗……」
「ふふ、婿殿とは以前もこんな撮影をしたが、今回はまた違うな」
「うん……そうだね、ニグレットさんとは今回で2回目だね。ニグレットさんがこういうドレス選ぶとは思わなかったな」
「たまにはこういうのも悪くなかろう? ほら、婿殿」
「えっと、手を取って……ポーズはこれでいいかな? ボクも……もっと背が高くて、お姫様抱っことかできたら様になるんだけどなぁ」
 ポーズや表情を変えて数カット。
 さらに一羽は、すみれとももう一度ペアで撮影することにした。

「うん、悪くないんじゃない? 黒だとグッとシックな雰囲気になるわね。一羽、あとはどんなのがあるの?」
「えっとね……このブラウンどうかな」
 いったん休憩を挟み、一羽がすみれにタキシードを見せる。
 するとすみれが「素敵!」と声を上げた。
「オシャレなデザインね! カッコいいわ!」
「なんかね、『VOLANTE』のデザイナーさんって、こういうクラシックなデザインが得意なんだって。だから、ちょっと中世の王族みたいな雰囲気もあったりして……って感じみたい」
「確かにそうね。エオニアのお城をバックに撮ったら合いそう!」
「そうか……ボクもこれ、洗練されたデザインでカッコいいなって思ったんだ。すみれちゃん、こういうの好き?」
「うん、キリッとしてていいと思うわ。それに、こっちのほうが私のドレスに合うかもしれない」
「ありがとう……じゃあ、着替えてくるね」
 一羽の衣装の雰囲気に合わせて撮影セットに使用する花などの色味や小道具も少し変え、ブラウン系の楽器などを置いてクラシックに。
 すみれもヘアアレンジやメイクの雰囲気を変え、撮影のバリエーションを増やしていく。

「私はなんというか、すみれの『パトロン』のような存在でな」
 撮影を見守りながら、ニグレットはスタッフらとそんな話をした。
 後で動画を編集するときに、モデル同士の関係の小ネタもちょっとした参考になるようだ。
「すみれは愛らしく、良い才能の持ち主だ。現在、面倒を見ているのは彼女だけだが……まぁ、そんな関係でな」
 愛人ではないぞ。
 ニグレットは戯れにそう言って微笑み、化粧台の前へ。
「婿殿とも以前の撮影から縁があって関係が続いているよ。『婿殿』というのはその時からの呼び名さ」
 チークやルージュの雰囲気を変えると、すみれと交代してニグレットは再び一羽と共にカメラの前へ。
 一羽もまた新しい衣装に代わっていた。
「婿殿の今度の衣装はベージュ系か。おや、セットが秋向けになっているな」
「そう。まだこれ、一般にお披露目されてない『VOLANTE』のスーツで、秋シーズンに売り出すデザインなんだって。あ……ニグレットさん、また髪形変わってる」
「ふふ、私の装いが変わるたびにそうやって照れてくれるとは可愛いな、婿殿」

 モデルと衣装が映えるように、工夫を凝らして。
 いつしか撮影を始めた頃とは太陽の位置が変わり、周囲の雰囲気も夕方に近づいていた。
「すみれ、せっかくだからもう一度私と撮ろう。メイクとヘアセットが変わるとほら……また最初のイメージとは違うだろう?」
「うん、ニグレットさん……綺麗」
「お、その表情なかなかグッと来るぞ、すみれ。ほら……こっちへおいで」
 今日一日ですっかり慣れた様子でカメラに向かい、ぎゅっと抱きしめあって見せる2人。
 一羽はその様子を見ながら、「お疲れ様」と微笑んだ。
 後日、3人の撮影の様子はネットで動画配信され、さらに「TALAN LAPIN」や「VOLANTE」の単独イベントでもお披露目された。
 その華やかで可愛らしい様子は話題を呼び、「エオニアで結婚式をしてみたい!」という若いカップルからの反響も多かったとの事だ。

━あとがき━━━━━━━━━━━━━━━━━…・・
この度は、発注いただきありがとうございます、九里原十三里です。
以前の「【銀梅花】エオニアコレクション」のIF編ということで、エオニア王国の首都「エオス」にて、「TALAN LAPIN」、さらに「VOLANTE」の衣装にてウェディング衣装の撮影に臨んでいただきました。
エオニア王国の特設ページにあるお城のよく見える高台にて、というイメージで書かせていただいております。
お三方のお衣装や表情が映えるような感じを目指しました。
楽しんでいただければ幸いです。
改めまして、この度はご依頼いただきましてありがとうございました! 
こんごともどうぞ、グロリアスドライヴをお楽しみくださいませ♪
パーティノベル この商品を注文する
九里原十三里 クリエイターズルームへ
グロリアスドライヴ
2020年07月20日

投票はログイン後にできます。

ログインはこちら












©Frontier Works Inc. All Rights Reserved.